TOTO
グローバル・エンズ:始まりに向けて
 
グローバル・エンズ:始まりに向けて
著者=ケン・タダシ・オオシマ
登場建築家=トム・クンディグ、石上純也、ケリー・ヒル、ショーン・ゴッドセル、スミルハン・ラディック、パウロ・ダヴィッド、RCRアランダ・ピジェム・ヴィラルタ・アーキテクツ
発行年月=2012年2月
体裁=A5判(148×210mm)、上製、352頁、和英併記
ISBN=978-4-88706-325-9

ブックデザイン=原研哉+中村晋平

定価=本体3,000円+税
移りゆく中心/消えゆく境界/セブン・ローカル・スタンダード
TOTOギャラリー・間25周年記念展「GLOBAL ENDS―towards the beginning」の記録とともに、同展のゲスト・キュレーターであるケン・タダシ・オオシマ氏が世界7ヵ国から本展に選ばれた7組の建築家の拠点を訪れ、彼らとの対話を通してその思考と主要作品を紹介します。オオシマ氏はこの旅を続ける中で、グローバリズムに席巻される現代において、「移りゆく中心」「消えゆく境界」という状況を体験し、7組の建築家の実践を「セブン・ローカル・スタンダード」と位置づけ、この3つのキーワードを軸に、近い将来にも実現可能な豊かなデザインへの不朽の価値を照らし出していきます。

掲載建築家は、トム・クンディグ(アメリカ)、石上純也(日本)、ケリー・ヒル(シンガポール)、ショーン・ゴッドセル(オーストラリア)、スミルハン・ラディック(チリ)、パウロ・ダヴィッド(ポルトガル)、RCR(スペイン)。

日々の生活体験に隠されたポテンシャルを7つの異なる視点から徹底的に掘り起こし、進歩に邁進した近代化への妄信を断ち切り、建築の原点に立ち返ることで、新たな時代のクリエイションの原動力を探究します。
立ち読み
プロフィール
ケン・タダシ・オオシマ Ken Tadashi Oshima
1965年アメリカ、コロラド州に生まれる。ハーバード大学にて、東アジアの研究および視覚環境の研究分野で文学士号取得(優秀成績者)。カリフォルニア大学バークレー校にて建築修士号、コロンビア大学で建築史および建築論の博士号取得。現在、ワシントン大学准教授。 2011-12 年国際交流基金研究員として東京大学在籍。
著書・共書に『Arata Isozaki』(Phaidon、2009)、『International Architecture in Interwar Japan: Constructing Kokusai Kenchiku』(University of Washington Press、2009)、『Visions of the Real 20世紀のモダン・ハウス : 理想の実現 I・II』(a+u特別号、2000)など。
MoMAの「Home Delivery」展のカタログ執筆者、「SANAA: Beyond Borders」展キュレーター、「アントニン&ノエミ・レーモンド展」の共同キュレーターなど。
目次

はじめに

トム・クンディグ
石上純也
ケリー・ヒル
ショーン・ゴッドセル
スミルハン・ラディック
パウロ・ダヴィッド
RCR アランダ・ピジェム・ヴィラルタ・アーキテクツ
展覧会:
GLOBAL ENDS―towards the beginning
総括

おわりに
図面&クレジット

誤記のお詫びと訂正のお知らせ

『グローバル・エンズ:始まりに向けて』(2012年2月刊行 初版第1刷)におきまして、記載に誤りがありました。
謹んでお詫び申し上げますとともに、以下のとおり訂正させていただきます。


 348ページ 右段下から7行目
 誤)Shinkenchiku-sha: 114-115, 117-120, 121 top
 正)Masao Nishikawa, Shinkenchiku-sha: 114-115, 117-120, 121 top

関連書籍
ギャラリー・間20周年
監修=石堂威、小巻哲
編集=ギャラリー・間
ギャラリー・間100回展
監修=田尻裕彦、石堂威、小巻哲、寺田真理子、馬場正尊
登場建築家=青木淳、塚本由晴、阿部仁史、石山修武、磯崎新、伊東豊雄、岸和郎、隈研吾、小嶋一浩、篠原一男、妹島和世、曽我部昌史、千葉学、太田浩史、内藤廣、西沢立衛、長谷川逸子、原広司、藤本壮介、藤森照信、槇文彦、松原弘典、山代悟、山本理顕、吉村靖孝
ギャラリー・間15周年
ナビゲーター=五十嵐太郎
著者=アトリエ・ワン、ファクター エヌ アソシエイツ、遠藤秀平、西沢立衛、阿部仁史+小野田泰明、梅林克、クライン ダイサム アーキテクツ、マツオカ・ワン・アーキテクツ、みかんぐみ、宮本佳明、三宅理一、五十嵐太郎
企画・編集=ギャラリー・間
ギャラリー・間10周年
監修者=三宅理一、村松伸、淵上正幸
企画・編集=ギャラリー・間
ギャラリー・間10周年
企画・編集=ギャラリー・間
石上純也
企画=TOTO株式会社
編集=Bath Views Project
協力=藤森照信、乾久美子、藤本壮介、石上純也、トラフ、永山祐子
スミルハン・ラディック
著者=スミルハン・ラディック
関連展覧会
関連講演会
座長=ケン・タダシ・オオシマ

2010年11月19日(金)
パネリスト=ショーン・ゴッドセル、RCRアランダ・ピジェム・ヴィラルタ・アーキテクツ、石上純也、トム・クンディグ

会場=建築会館ホール
座長=ケン・タダシ・オオシマ

2010年11月20日(土)
パネリスト=パウロ・ダヴィッド、ケリー・ヒル、スミルハン・ラディック
統括パネリスト=岸和郎、内藤廣、原研哉

会場=建築会館ホール