TOTO通信 2015年秋号

特集/
新しい構法を訪ねて

Special Feature New Building Construction Design

建築の実体の構成方法のことを「構法」と呼ぶ。社会に普及した材料や既製品によって、柱、梁、床、壁、天井などの要素を組み立てていく一般的な構法は、設計や施工を効率的にしてくれる。しかし、そうした一般的な構法ではなく、新しい構法にチャレンジした建築もある。そうした建築は、形態が特徴的で、意匠が際立っていることも多いが、もちろん利点はそれだけではないはず。特殊な構法にチャレンジした意味は何か。その意味を知るべく、新しい構法でつくられた建築を、訪ねた。

表紙写真/「木のカタマリの家」の壁面
写真/傍島利浩

case Study 01
case Study 02
case Study 03
case Study 04