TOTO
無為のデザイン
 
無為のデザイン
著者=杉本貴志
発行年月=2011年3月
体裁=菊判(152×218mm)、上製、256頁、和英併記
ISBN=978-4-88706-317-4

ブックデザイン=原研哉+中村晋平

定価=本体2,800円+税
反骨のインテリアデザイナー、杉本貴志の初エッセイ
日本を代表するインテリアデザイナーである杉本貴志氏は、ハイアット、シャングリラ、ザ・リッツ・カールトンなどの世界的なホテルや無印良品の各店舗の他、バー、レストランなどにおいて、これまでにない新しいコンセプトをもった商業空間のデザインを数多く手掛けてきました。

本書は、40年間にわたってデザイン界の第一線を走り続けてきた杉本氏が、その草創期から現在に至るまでに関わったプロジェクトや出会った人々、触れあったものや土地などを通じて、“デザインすることの意味”を綴った書き下ろしエッセイです。

多くのデザイナーや文化人が訪れ、後に伝説のバーと言われた「バー・ラジオ」のオープンとその後の改装のエピソードに始まり、国内外のホテルを手掛けることになった経緯、また日本を代表するグラフィックデザイナー故・田中一光氏との交流や「無印良品」の店舗づくりにおける思考の過程などがいきいきと語られています。デザインとは「作り出すのではなく、見出すこと」という氏の作品の裏側にあるさまざまな思想を読み解き、杉本氏の放つ磁場を感じ取っていただける一冊となっています。
プロフィール
杉本貴志 Takashi Sugimoto
1945
東京生まれ
1968
東京藝術大学美術学部工芸科卒業
1973
スーパーポテト設立
1985
「TOTOギャラリー・間」運営委員(~2010)
1992
武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科主任教授
2011
同大学退任
目次

はじめに

駆け出しの頃
初期の仕事―バー・ラジオ
六本木パッシュ ラボ
バリとの出合い
ホテルの仕事
グランドハイアット 東京
パークハイアット ソウル
無印良品からMUJIへ
浄法寺の仏像
白磁鉢
陶磁器 李朝白磁
あとがき

関連書籍
杉本貴志
企画・構成=杉本貴志
文=中野照子
写真=杉本青子・白鳥美雄
デザイン·インテリア
企画・構成=杉本貴志
文=中野照子
写真=杉本青子・白鳥美雄
デザイン·インテリア
著者=東海林弘靖
写真=金子俊男
デザイン·インテリア
監修=多木浩二、伊東豊雄、坂本一成
写真=藤塚光政
デザイン·インテリア
編集=「TSUTOMU KUROKAWA」実行委員会
デザイン·インテリア
著者=深澤直人
デザイン·インテリア
著者=小泉誠
デザイン·インテリア
著者=坂川栄治
デザイン·インテリア
文=コモエスタ八重樫
写真=伊藤愼一
デザイン·インテリア
著者=川上典李子
登場デザイナー=黒川勉、岩崎一郎、グエナエル・ニコラ、西堀晋、吉岡徳仁
デザイン·インテリア
監修=黒川雅之
編著=物学研究会
執筆者=黒川雅之、渡辺英夫、関康子、柏木博、黒木靖夫、杉本貴志、秦義一郎、相川繁隆、天沼昭彦、安藤隆太、岡本善勝、岸本章弘、木村一男、酒井正明、下野利美、高野秀士、武井浩介、竹綱章浩、手塚重博、鳥山敦、原田孝行、福田弘、藤本孝信、保科卓、堀尾俊明、松尾次郎、水谷敏明、虫鹿元博、紋谷幹男、山本博邦、行冨誠一、和田精二、赤池学、川上元美、川崎和男、喜多俊之、紫牟田伸子、谷内健、中西元男、林利昭、水野誠一、森山明子