TOTO
デザインの輪郭
 
デザインの輪郭
11刷
著者=深澤直人
発行年月=2005年11月
体裁=四六判(128×188mm)、上製、296頁
ISBN=978-4-88706-260-3

ブックデザイン=山口信博+大野あかり

定価=本体1,800円+税
「デザインの輪郭も人の輪郭も同じです。デザインはすべての生き方に通ずる」
au/KDDIの携帯電話「INFOBAR」、無印良品の「壁掛式CDプレーヤー」、家電・生活雑貨の新ブランド「±0」など国内で数々のヒット商品を生み出し、また今春開催されたミラノサローネ2005でB&B ITALIA、driadeなど7社から新作を発表するなど、世界的に活躍する工業デザイナーとして近年各界から注目を集めている深澤直人。本書は、『デザインの生態学』『デザインの原形』をはじめ数々の誌上でデザイン論も展開している論客でもある深澤氏が、初めて自分自身について語ったエッセー集です。

「“ふつう”というのは、椅子は椅子であり、テーブルはテーブルであるということです」
デザインとはかたちをつくることではなく、それぞれの“もの”がいくつもの選択を通りぬけたあとに残った、最終的な「あるべき姿」を浮かび上がらせること。デザイナーの役割は、その姿の輪郭を描くことだと深澤氏は語ります。
「人の目を惹く造形=デザイン」とされてきた現代社会に誰もが共有できる感覚をかたちに変えて提示し、デザインの本来の役割を取り戻そうとする深澤氏の姿勢は、多くの人びとの「気づき」を促し、日常生活の価値を見直すきっかけを与えています。

「それは、自分が震えるように感動してきたものなんです。僕はその感動と同じ状態をつくり込もうとしているのかもしれない」
つぶやきとも語りともつかない言葉の羅列(アフォリズム)、書き下ろしのエッセイ、友人たちとの対話、深澤氏を取り巻くさまざまな状況を撮影した写真によって、デザインについての考え方、現在の自分に辿りつくまでの道程、自身の進む道に示唆を与えてくれたいくつかの出会い、日常への思いなど40のテーマが語られています。それぞれに独立しつつゆるやかにつながった文章を読み進んでいくうちに、デザインというものの「輪郭」をその人なりに掴まえてほしい。そんな深澤氏の思いが込められた本です。
プロフィール
深澤直人 Naoto Fukasawa
工業デザイナー
1956年山梨県生まれ。80年多摩美術大学卒業。89年渡米しデザインコンサルティング会社IDEO(サンフランシスコ)で勤務。96年帰国しIDEO日本支社を設立。2003年独立しNaoto Fukasawa Designを設立、現在に至る。
近作は、au/KDDIの携帯電話「INFOBAR」や無印良品の「壁掛式CDプレーヤー」(ニューヨーク近代美術館永久収蔵品)、家電・雑貨の新ブランド「±0」など。
2005年4月ミラノサローネにて、B&B ITALIA, driade, MAGIS, DANESE, Artemideなど7社から新作を発表し話題となる。日本の大手メーカーのデザインコンサルティングを手がける他、イタリア、ドイツのメーカーとのプロジェクトも多数。
過去のデザイン賞は米国IDEA金賞、ドイツif賞金賞、英国D&AD金賞、毎日デザイン賞、織部賞などを含み50賞を超える。
共著書に『デザインの原形』(六耀社、2002年)、『デザインの生態学』(東京書籍、2004年)。
現在、武蔵野美術大学教授、多摩美術大学客員教授、東京大学大学院学際理数情報学特別講師。
コンテンツ

01 デザインの輪郭
02 択圧
03 張り
04 考えない(without thought)
05 行為に溶けるデザイン
06 俳句 [対談] 深澤直人+小泉佳春+山口信博
07 ふつう [対談] 深澤直人+小泉佳春+山口信博
08 そのものの周り(外側を見る)
09 手沢(しゅたく)
10 最小限で生きる
11 「ほら、ね」感覚(同じ感動をさせてあげたい)
12 アノニマス
13 使っていなかった触角
14 あたりまえの価値
15 灰汁(あく)
16 意図を消す
17 感動の因子
18 ゆで卵
19 デザインは好きで、デザイン活動はきらい
20 デザイン・メディア
21 デザインを教える
22 幸せの現象
23 短命なデザイン
24 デザインを頼む人
25 アイデアの固まるとき [対談] 深澤直人+山口信博
26 アイデアとエクスキューション(出来映え)
27 ただひとつの答え
28 誰のアイデア
29 適正解
30 デザイン体質
31 情報と経験
32 うちのスタッフと
33 オフィスの掃除
34 イタリアの仕事
35 子供の頃(表現と再現)
36 造形時代
37 週末小屋
38 単純に生きる
39 もてなすということ [対談] 深澤直人+山口信博
40 自分を決めない
寄稿:蜩の声(山口信博)

関連書籍
デザイン·インテリア
著者=杉本貴志
デザイン·インテリア
企画・構成=杉本貴志
文=中野照子
写真=杉本青子・白鳥美雄
デザイン·インテリア
著者=東海林弘靖
写真=金子俊男
デザイン·インテリア
監修=多木浩二、伊東豊雄、坂本一成
写真=藤塚光政
デザイン·インテリア
編集=「TSUTOMU KUROKAWA」実行委員会
デザイン·インテリア
著者=小泉誠
デザイン·インテリア
著者=坂川栄治
デザイン·インテリア
文=コモエスタ八重樫
写真=伊藤愼一
デザイン·インテリア
著者=川上典李子
登場デザイナー=黒川勉、岩崎一郎、グエナエル・ニコラ、西堀晋、吉岡徳仁
デザイン·インテリア
監修=黒川雅之
編著=物学研究会
執筆者=黒川雅之、渡辺英夫、関康子、柏木博、黒木靖夫、杉本貴志、秦義一郎、相川繁隆、天沼昭彦、安藤隆太、岡本善勝、岸本章弘、木村一男、酒井正明、下野利美、高野秀士、武井浩介、竹綱章浩、手塚重博、鳥山敦、原田孝行、福田弘、藤本孝信、保科卓、堀尾俊明、松尾次郎、水谷敏明、虫鹿元博、紋谷幹男、山本博邦、行冨誠一、和田精二、赤池学、川上元美、川崎和男、喜多俊之、紫牟田伸子、谷内健、中西元男、林利昭、水野誠一、森山明子