編集ノート

名作続々。

「ストック再生」は、今や永遠のテーマでしょう。
 かつて、20年以上も前ですが、イタリアの建築雑誌を見てリノベーションのすばらしさに驚嘆していました。石とガラスと金属の鮮やかな仕事。それが今、日本のリノベーションの技術、ノウハウ、創造性は、自慢できるものが続々と現れています。
 雑誌に発表されている、いないにかかわらず。
 今回の特集では、大規模団地、都市住宅、田舎の住宅と、規模や立地、建物がおかれた状況により3タイプにしぼって取材をお願いしましたが、すばらしい仕事がほかにもたくさん出てきている気がします。3つだけしか選ぶことができず、リノベーションの名作を創造している建築家のみなさんには、誠にもって申しわけないという思いです。