編集ノート

基本は総体

 ディテールとくれば、壁と天井の出会うところ、開口部際の処理など、さまざまに主張が並ぶかと恐れた。さすがに建築家のみなさんの主張は見事だった。基本は総体にあると。最終表現があってディテールは総体へ寄与するものと。見事なまでに明解だった。

 とはいえディテールは大切。ディテールがあって初めて建築が表現をもち得るというところ。ディテールが見えないときに、建築は建築になるのだろうか。