エコ情報局 -みんなの声-

みんなのお風呂事情Part2 シャワーを1分間使うとどれぐらいのお湯が流れるのでしょう

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)


コラム

お風呂は、お湯をたくさん使う場所。続けて入る、シャワーは必要な時だけ利用するなどの工夫で、節水や省エネにつながります。

意外と多いシャワー利用時のお湯の量

これまで、お風呂のお湯の再利用(「お風呂の残り湯を再利用。洗濯に使う時に気を付けたいこと」)やお湯はりの頻度(「みんなのお風呂事情Part1 冬場のお湯はりをする頻度を聞いてみました!」)について、調べてきました。
実は、シャワーを使った場合に流れるお湯の量が意外と多いことはご存知でしょうか。
シャワーを1分間使った場合、約12Lものお湯を使用します。
15分間流しっぱなしで使うと、浴槽1杯分ほどのお湯を流すことになります。

お風呂にお湯をためるよりもシャワーで済ませたほうが節水になると思われがちですが、浴槽にためたお湯なら再利用も可能。使用した水やお湯がそのまま流れていってしまうシャワーよりもエコだといえます。

シャワーの水をこまめに止めるとどれぐらいお得?

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)

みなさんのご家庭でのシャワー利用についてアンケートを実施しました。

≪シャワーの水をこまめに止めていますか≫

約7割の方が、シャワーを利用する際には、「こまめに止めている」と答えています。
経済産業省 資源エネルギー庁のデータによると、45℃のお湯を流す時間を1分短縮した場合、年間で約3,190円の節約に。
シャワーの利用は必要な時だけにする、利用するときもシャワーの水をこまめに止める、などの工夫が大事ですね。

≪45℃のお湯を流す時間を1分短縮した場合の内訳)≫
ガス 12.78㎥の省エネ / 約2,190円の節約
水道 4.38㎥の省エネ / 約3,190円の節約
(参考:経済産業省 資源エネルギー庁)

シャワーで節約!3つのヒント

シャワー利用も使い方次第で、節水・省エネにつながります。

こまめに止めて、節水

特に女性など、シャンプーを2回する、身体を洗うだけでなくムダ毛のケアや洗顔もする、など、男性には想像もできないくらい長い時間、浴室を使用します。
その分、シャワーの使用頻度も増えていくのですが、せめて水の流しっぱなしをやめて、髪や身体を洗っている間はシャワーを止めておく、などの心がけが大事です。

シャワーを一度にまとめる

髪と身体を洗って、最後にシャワーで一緒に流す。エコにつながる節水上手な使い方です。
一度にまとめて全身を洗い流す方法は、使用する水の量も当然少なくすみますから、節水・省エネにつながります。

お風呂洗いにも気を付けて

毎日お風呂の床や壁、浴槽をこまめにお掃除。汚れのない清潔なバスタイムには必要ですよね。
でも、汚れを落とすために、たくさんの水をかけてしまっていませんか?
お水(お湯)を1分流すだけで、約12L。2Lのペットボトルに換算すると約6本分もの水を使っていることになります。
つけ置きできる洗剤で汚れを落ちやすい状態にする、天井用のお掃除スポンジなどを利用する、など流す水の量を減らす工夫をしてみましょう。

蒸し暑い季節は、シャワーを利用する機会が増えていきます。
水の使い過ぎに気を付けて、賢い節水・省エネを心がけましょう。

参考リンク:「エアインシャワー」は、浴び心地はそのまま、しっかり節水を実現するシャワー。水に空気を含ませることで満足感のあるたっぷりな「量感」を実現しました。