エコ情報局 -みんなの声-

お風呂の残り湯を再利用。洗濯に使う時に気を付けたいこと

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)


コラム

お風呂の残り湯は捨てる派?使う派?

今回は、お風呂での節水について考えてみます。
追い炊きして翌日も入るという方や、洗濯水として再利用しているという方もいらっしゃるのでは?
実際みなさんはどのように利用されているのでしょう。

ご自宅では、お風呂の残り湯を再利用していますか。

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)

年代や性別で見ても大きな違いはなく、約60%の方がお風呂の残り湯を利用していないという結果になりました。 一方で、「お風呂でシャワーを使う際にシャワーの水をこまめに止めている」と回答された方は約70%と、けっして節水意識が低いということではなさそうです。

≪シャワーの水はこまめに止めていますか≫

お風呂の残り湯を使わない主な理由:
お風呂の残り湯の再利用をためらう方には、さまざまな理由がありました。
・家族みんなが使った後の水は汚れているのではと心配
・ふろ水を使って節水効果がどれぐらいあるかわからない
・洗濯に再利用すると節水になると言われるが水を移すのが面倒
など。

気になる!お風呂の残り湯の衛生問題

お風呂の残り湯の再利用で考えられるのが、追い炊きして翌日も入る、洗濯に使用する、などですが、入浴後のお風呂の残り湯を利用することには衛生面で不安がある方も多いようです。
衛星微生物研究センターの試験結果によると、入浴前に比べ入浴直後の菌数は約3倍増という結果に。
やっぱり、お風呂の残り湯は使わない方が良いのでは・・・?と心配になるところですが、入浴直後に増えているのは、人の身体(皮膚など)に由来する細菌ですから、すぐに病気につながるということではなさそう。それなら、身体の汚れを落としてから湯に浸かるなどの心がけで、菌の増加を抑えることができそうですね。
出展:衛星微生物研究センター

ここで注意したいのは、放置時間です。
一晩放置することで、入浴直後と比べ、菌数は約1,000倍に増加。
つまり、衛生面を考えるのであれば、お風呂の残り湯はできるだけその日のうちに利用する、ため置かないことが重要なのですね。

お風呂の残り湯を使うと汚れが落ちやすくなる?

食器をお湯で洗った方が汚れが落ちやすいのと同じで、衣類についた皮脂汚れなども、水よりも温度の高いお湯の方が汚れが溶けて落ちやすくなります。
また、洗濯洗剤に含まれる酵素は、お湯を使った方が活性化するため、洗浄効果も高まります。
「肌が弱く刺激の強い洗剤を使いたくない」「環境のことを考えてできるだけ合成洗剤は使いたくない」という方にとってもお風呂の残り湯は最適。たとえば、安全で環境に良いとされる「洗濯石けん」(水だと溶けにくい)を使う場合も、お風呂の残り湯を利用すれば、わざわざお湯を準備する必要もありません。

洗濯にお風呂の残り湯を使う際に気を付けたいこと

身体をちゃんと洗ってからお風呂に浸かる!

お風呂に浸かる際に身体を洗わずにざぶーんと飛び込まないようにしましょう。必ず、身体の汚れをシャワーなどで洗い落としてからお風呂に浸かれば、菌の増加を軽減できます。

お風呂の残り湯はなるべく早めに使いましょう!

「時間が経つほど、菌の数は増えていく」「温度が高いお湯の方が汚れが落ちやすい」ことを考えると、お風呂を使用したすぐ後に洗濯をするのがポイント。

「すすぎ」は水道水で!

そして一番のポイントは、お風呂の残り湯は洗剤を利用する「洗い」の工程のみに使用し、「すすぎ」の工程では水道水を使うということ。

もちろん、少しの雑菌でも影響を受ける可能性のある「高齢者」や「新生児」など抵抗力の弱い人がいるご家庭の場合は、できるだけ菌は避けたいもの。
ご家庭の状況に合わせ、無理のない範囲で活用してみてください。

参考リンク:「ノコリ〜ユECO」を設置すれば、ホースを使わず簡単にお風呂の残り湯をくみ上げられます。お風呂の残り湯を再利用したいけど、お湯の移動が面倒・・・という方におすすめのオプション機能です。