Menu

TOTOグループ安全衛生・防災方針

TOTOグループは、業務上災害ゼロ、業務上疾病ゼロを目指すとともに、快適な職場環境の形成に努めます。TOTOグループは、火災・風水害・その他の災害の未然防止を図るとともに、災害による被害を最小限に止めるよう努めます。

安全衛生管理体制

TOTOグループでは、安全衛生活動の円滑な推進と水準の向上を図るため、半期に1回、「安全衛生・警防中央委員会」を開催しています。委員会には各事業部や労働組合の代表者等が参加し、年間の全社方針や基本施策等を定め、各事業所への浸透を図っています。
さらに、各事業所では、労使の代表者が参加し、毎月開催する「安全衛生委員会」にて安全衛生活動についての報告・審議、改善施策の決定を行い、職場の安全衛生担当者を通して職場へ活動の浸透・推進を図っています。
また、年度末に1回、取締役会で「安全衛生・警防中央委員会」の審議内容を報告し、安全衛生活動の推進状況の確認を行っています。

安全衛生活動管理体制図

安全衛生活動管理体制図

安全衛生マネジメントシステム

安全衛生マネジメントシステム
TOTOグループでは、ILOガイドラインの全般的な目的を反映しながら、厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」に準じて、TOTOグループ全体で「安全衛生・警防マネジメントシステム」を運用しています。

快適な職場環境に向けた取り組み

TOTOグループでは、社員の業務上疾病予防のため快適な職場環境の維持・改善に努めています。職場環境測定により現状を把握し、発生源対策、作業方法の改善、教育等を行い、グループ全体で管理体制を整え、取り組みを展開しています。

粉じん対策

世の中よりも厳しい基準で管理し、日々継続的に取り組んでいます。ノーマスク化に向けて、粉じんの発生そのものを無くす対策、局所排気装置等の設置による設備的対策の他、暴露時間を極力短縮することにも努め、それでも対策が困難な箇所については、防じんマスク等の保護具により人体への影響がないよう対策を講じています。

騒音対策

不可逆性の職業性疾患(難聴)を起こさないため、設備対策による発生源の封じ込め、暴露時間の短縮を進め、対策困難箇所については、耳栓等の保護具の正しい着用を徹底しています。

化学物質管理

SDSの周知、有機溶剤・特定化学物質に関しては作業環境測定を行い、問題のある箇所について逐次対策を講じています。また、化学物質のリスクアセスメントについてもグループで足並みを揃えて推進しています。

化学物質を使用する作業場
化学物質を使用する作業場

作業環境測定を実施している作業場
作業環境測定を実施している作業場

労働災害の未然防止

安全衛生チェック

社内的に組織立てて安全性のチェックを行う取り組みを、2006年度より進めてまいりました。これは国内の工場・製造グループ会社での人為ミスから災害につながる「不安全行動」や危険な状態をチェックして、改善につなげていく活動です。TOTOグループ内の生産拠点全事業場において、安全管理体制や現場での作業者の不安全行動、設備の危険状態をチェックしてまいりました。この活動の結果、生産拠点における設備の不安全状態が大幅に改善され、より安全に作業ができる環境が構築されました。2015年度においても、安全チェックで指摘した箇所はすべて対策を完了しており、引き続き歯止めをかけていきます。

作業場の安全衛生チェックの様子
作業場の安全衛生チェックの様子

屋外施設での安全衛生チェックの様子
屋外施設での安全衛生チェックの様子

安全意識の醸成

安全衛生教育

TOTOグループでは、定期的な社内安全衛生教育を実施し、現場作業者や安全担当者のレベルアップを図っています。
主なプログラム 実施内容
階層別教育(必修) 新入社員、新任課長、新任部長、新任グループ会社社長を対象に集合研修を実施。(2015年は398名が参加)
新任職長教育 新任職長(製造部門)を対象に各拠点毎に実施。
雇い入れ教育 新入社員を対象に各拠点で雇い入れ教育を実施。
配置転換教育 転入者、作業変更者を対象に実施。
作業前教育 経験の浅い作業者を対象に実施。
能力アップ教育 安全環境課長・安全担当者を対象に、安全担当者会議・研修会(年2回)、作業環境測定者勉強会、全国ブロックリーダーすりあわせ会等を実施。
フォローアップ教育 現場作業者を対象に社内危険体験研修を実施。
全社員を対象に安全教育DVDの回覧を実施。

安全衛生教育の様子(1) (指差し呼称の徹底)
安全衛生教育の様子(1)
(指差し呼称の徹底)

安全衛生教育の様子(2) (危険体験装置の活用)
安全衛生教育の様子(2)
(危険体験装置の活用)

安全衛生教育の様子(3) (社外体験施設の利用)
安全衛生教育の様子(3)
(社外体験施設の利用)

交通安全教育

TOTOグループでは、セールスカーの他、マイカーやバイク、自転車通勤者に対して、交通安全意識向上のための教育を実施しています。

業務上災害の発生状況

TOTOグループでは、発生した業務上災害の状況を把握するとともに、類似災害発生の防止に努めています。TOTOグループの業務上災害件数は、毎年減少傾向にあり、2015年は度数率、強度率ともに全国製造業平均を下回っています。今後これをさらにゼロに近づけていくため、類似災害を防ぐ取り組みを徹底していきます。

日本国内労働災害度数率の推移

日本国内労働災害度数率の推移
※製造・研究開発部門対象

日本国内労働災害強度率の推移

日本国内労働災害強度率の推移
※製造・研究開発部門対象

海外労働災害度数率の推移

海外労働災害度数率の推移
※製造・研究開発部門対象

健康な心と体に向けた取り組み

TOTOグループでは、企業理念として、「一人ひとりの個性を尊重し、いきいきとした職場を実現します。」を掲げ、心と体の健康づくりを推進し、働きやすい職場環境の実現を目指しています。そのために、健康管理、メンタルヘルス対策、健康増進(健康づくり)を3本柱とした健康配慮の取り組みを展開しています。

健康管理

有所見率の推移

有所見率の推移
TOTOグループ(国内)では、定期健診実施と事後措置を徹底し、身体疾患の予防と健康の保持増進を図っています。 2015年度は、2014年度に引き続き「定期健康診断受診率」、「二次検診受診率(再検査、精密検査)」、「保健指導実施率(産業医、保健師)」の3つを100%にする目標を掲げ、受診率100%達成しました。引き続き、健診データの分析と分析結果に応じた対策を実施していきます。

メンタルヘルス休業者低減

TOTOグループ(国内)では、心の健康づくりとして、厚生労働省が提唱する4つのケア(セルフケア、ラインによるケア(上司によるケア)、事業場内産業保健スタッフなどによるケア、事業場外資源によるケア(事業所外のさまざまな機関や専門家によるケア))を推進しています。その結果、メンタルヘルスの新規の発生者数は横ばい状態にあります。
また、社員の健康維持のため、労使でワークライフバランスの推進を行い、労働時間の適正化に取り組んでいます。TOTOグループ(国内)では、長時間労働者への医師による面接指導について、法定の実施基準に加え、社内基準を設け、該当者には産業医による健康状態の確認と助言指導を行うとともに、再発防止のために、上司と現在の業務を見直し、今後の方策を検討することとしています。

セルフケア

  • 新入社員の入社時アンケートとフォロー
    TOTOグループ入社式において総合研修のプログラムとして心と身体のセルフケアについての講話を行い理解を深めるとともに、入社後の不安を含めた健康に関するアンケートを実施しています。内容に応じて、産業医面談や、配属後のフォローを行う等、新入社員一人ひとりの、スムーズな社会人生活のスタートを支援しています。

  • 入社3年目社員へのメンタルヘルス研修
    入社3年目研修において、産業医によるメンタルヘルス研修を実施しています。また、販売系社員については、保健師による全員面談を実施し、心のケアを行っています。

  • 個人面談など
    メンタルヘルス休職者の復帰に際しては、復職判定委員会において職場の上司、人事担当部門と産業保健スタッフ部門が連携して、産業医面談を実施し、その後のフォローも継続して実施しています。

ラインケア

管理監督者を対象とした研修時(受講率:100%)に、メンタル不調者の早期発見、声かけ、発生時の対応など、メンタルヘルスに関するマネジメント教育を実施しています。

事業所内スタッフによるケア

各事業所内の人事部門スタッフが、産業医や主治医との連携を図りながら、社員や管理監督者からの相談対応を行っています。
また、都度研修を行い、相談対応スキルアップや、休業制度などの理解向上に取り組んでいます。

健康づくり

TOTOグループ(国内)では、社員の健康管理の一環としてヘルスケアセンターやTOTO健康保険組合が中心となってさまざまな健康づくりプログラムを実施しています。2015年度も生活習慣病対策や健康増進を目的に、「社員食堂メニューのカロリー・塩分表示」や「食育イベント ヘルスケアメニュー」、「ウォーキングイベント」、「健康セミナー」、「禁煙チャレンジ」等を実施しました。この中で、特にTOTOの本社・小倉第一工場の健康増進活動はイベント数を増やしたこともあり、参加者は、2014年の延べ約900名に比べて、2015年度は延べ約1300名に増加しました。TOTOグループ(国内)の平均年齢の上昇に伴い、有所見者も増加することが予想されますが、2018年度までに血圧や糖代謝などの有所見者を平均約0.3%下げることを目標としています。これらの健康増進活動の参加率向上を通して、生活習慣病の予防や健康増進、健康意識の醸成などの効果につなげていきます。
また、社内イントラネットにおいては生活習慣病の予防だけでなく、熱中症、インフルエンザなど、季節や流行を考慮した情報を発信しています。2015年には健康づくり応援サイトを開設し、各事業所で開催している健康づくり活動を紹介しています。
また、健康に関する相談やカウンセリングを目的に、全社員に対して「心の健康相談窓口」を設置しています

健康づくり1
 

健康づくり2
 

健康づくり3
 

平成27年度「健康経営銘柄」に選定

健康経営銘柄
TOTOは、「健康管理」、「メンタルへルス休業者低減」、「健康増進(健康づくり)」を3本柱とする健康への取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所が主催する平成27年度「健康経営銘柄」に2年連続で選定されました。

※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。


ニュースリリースへ

Share

CLOSE