Menu

製品安全に関する自主行動計画に係る基本方針

Menu

English

TOTOグループは、お客様に安全に安心してご使用いただける製品をお届けするため、「製品安全に関する自主行動計画に係る基本方針」を定めて、製品の確保を最優先に取り組むとともにお客様への情報開示を進め、世界の人々から信頼をいただける会社を目指します。

1.自主行動計画の策定と実践

製品安全に関する自主行動計画を策定・運用し、継続的な改善を行うことにより、「お客様重視」「製品安全確保」の意識の浸透と文化の育成および維持に努め、製品の安全確保に積極的に取り組みます。

2.本質的な製品安全の実践

科学的手法を用いてリスクの分析・評価を行い、リスクの低減に努めるとともに、本質的な安全設計を実践します。

3.誤使用への配慮

製品を安全にご使用いただくため、製品の安全性向上に努めるとともに、製品への表示や取扱説明書等を通して、注意を喚起し、誤使用や不注意による事故の回避に努めます。

4.事故情報の収集と開示

製品事故の情報をお客様から積極的に収集するとともに、販売事業者等社外の関係者と協力し、お客様や関係者に対して、適切な情報開示に努めます。

5.製品事故への対応

法令に基づき製品事故を迅速に所轄官庁へ報告します。また、製品に起因する重大製品事故については、製品回収の実施に関して迅速にお客様や関係者へ告知します。

6.製品安全活動の継続的見直し・改善

品質マネジメントシステムにより、製品安全活動を継続的に見直し、必要な改善を積極的に行います。
Share

CLOSE