消耗品交換・お手入れ
TOTO トップページへ

トイレのまるごとお掃除


汚れの基礎知識

効率良くおそうじするために
汚れの種類を知りましょう


小水や汚物、水あか、ホコリなど、トイレの汚れは意外に複雑。
汚れの種類や度合いによって、おそうじの方法も違ってきます。
効率良くおそうじするためにも、代表的な汚れの種類を知っておきましょう。


汚れやすいのはここ
トイレの場所によって汚れの種類や付きやすさが違います。
汚れがつきやすい部分はトイレに入ったついでにチェックしましょう。


1.小水が原因の「アンモニア汚れ」
木質系の床で、便器の脇などにシミができた場合は、小水中のアンモニアが原因と考えられます。
こぼれた小水はすぐに拭き取らないと、シミがどんどん広がります。
2.水の中の汚れが付着する「水性汚れ(水あか)」

水性汚れには次のようなものもあります。
・白色水性汚れ
水に含まれているカルシウムやマグネシウムが、水分の蒸発後、そのまま残ると白色汚れになります。水がつくとなくなったように見えますが、乾燥すると再び現れます。
・茶色水性汚れ
水が常に流れているところに発生しやすい汚れです。乾燥してこびりつくことはありませんので、こすると落ちやすい汚れです。


3.汚れを栄養源に繁殖する「バクテリア」
便器の内側や手洗器につくピンク色の汚れは、バクテリアが付着して繁殖したものです。
栄養源となる汚れを付着させたままにしておくと、バクテリアの繁殖はさらに加速します。

4.便器の凹凸の奥まで入り込むしつこい汚れ「カビ」
便器の黒ずみは、カビなどの微生物が主な原因です。
目に見えない凹凸の奥まで入り込んだ場合、落とすのが厄介なガンコな汚れになります。
5.金属部分やめっきの大敵「さび」

金属の素材は、湿気や腐食ガスによってさびが生じます。水栓金具や給水管などのめっき製品にも目に見えない極微細な小穴があり、さびが発生することがあります。
6.肌が触れるところにつく「皮脂汚れ」

肌が直接触れる部分は皮脂がつきやすく、汚れの原因になります。座面やカバー、操作パネル、ドアノブなど、油分がつくことでぬるぬるしたり、光沢がなくなったりします。放っておくと、ホコリと一緒になって黒ずみの原因となります。

7.着衣の脱ぎ着やトイレットペーパーの使用による「ホコリ」

ホコリの正体は、トイレ内での着衣の脱ぎ着のときに発生する繊維羽毛やトイレットペーパーのチリが主なものです。放っておくと黒ずみの原因に。また、他の汚れと一緒になると落ちにくい汚れにもなります。
8.ザラザラした「金属せっけん」

洗面ボウルなどにつく、うっすらと白い汚れです。石けん分や人体の脂肪分が水道水の中の金属成分と反応してできたものです。徐々に積み重なっていき、ザラザラとした落ちにくいガンコな汚れです。

このマーク確かめてください!このマークがついている便器は、お手入れラクラク便器です。
セフィオンテクトは、いつも水に接する汚れやすい部分に使われています。
セフィオンテクトは新開発の釉薬でツルツルにし、汚れをよせつけません。

【注意】 研磨剤入りや強酸性・強アルカリ性の洗剤はせっかくのツルツルの表面をザラザラにしてしまうので使わないで!
Back
Copyright(C)TOTO LTD.All Right Reserved. ページ先頭へ