Home > アフターサポート > 浴室のまるごとお掃除 > Help! こんなときは、どうしよう?

浴室のまるごとお掃除

お手入れ方法のご紹介疲れをいやすバスタイムを楽しむには、キレイな浴室は必須!
お手入れ方法を「ふだん」「ていねい」「さらにていねい」でご紹介します!

印刷する

浴室のまるごとお掃除
Help! こんなときは、どうしよう?

ちょっと油断していたらついてしまったガンコな汚れ、見落としがちな部分にこびりついてしまった汚れは、あせらず根気よく落とすことが大切です。

水あかや金属石けん(白っぽくてかたい、ザラザラした汚れ)

水道水に含まれるカルシウム・マグネシウムが水分の蒸発後に残り、水あかになります。
また、石けんカスと身体の皮脂成分が水道水の金属成分と反応して、金属石けんができます。これらは、浴槽のふち・めっき部に付きやすく、浴室全体に発生します。

浴槽のふち、カウンター、鏡(くもり止め機能なし)など
  1. 付き始めは、浴室用中性洗剤で落とします。
  2. 蓄積して固まったときは、スポンジに浴室用クリームクレンザーを柔らかいスポンジに付け、こすり落とします。
    強くこすらず、磨いてはお湯で流すを4~5回繰り返します。
注意
表面をキズ付けないように注意してください。
  1. お手入れ後は、からぶきをします。
水栓金具のめっき部
  1. 付き始めは、浴室用中性洗剤で落とします。
    細かい部分は歯ブラシなどを使って汚れをこすり落とします。
  2. 蓄積して固まったときは、浴室用クリームクレンザーを柔らかいスポンジに付け、こすり落とします。
  3. それでも落ちないときは、TOTOがおすすめする「きらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナー」をお試しください。

    きらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーの購入はこちら
  1. お手入れ後は、からぶきをします。
もらいさび(赤茶けた汚れ)

浴室の浴槽・床はFRPというプラスチックで出来ていますので、物自体はさびませんが、ヘアピン・カミソリなどさびるものを置いたり、水道水の中の鉄分がさびることにより、さびが付着することがあります。(このことを「もらいさび」と呼びます)

<もらいサビ例>

水道水中の鉄分によるもらいさび


ヘアピンによるもらいさび


水道水中の鉄分により
排水溝周りに付着したもらいさび

浴槽についたサビの落とし方はこちら
浴室のトラブル解決:浴槽に赤茶けた汚れ(サビ)がつく

床や排水口についたサビの落とし方はこちら
浴室のトラブル解決:床に赤茶けた汚れ(サビ)がつく

カビ(ピンク・紫・黒などの汚れ)

カビは、高温・多湿・栄養の3つがそろうと繁殖します。
栄養源となる汚れをしっかり洗い落とし、十分に換気することで、発生を防げます。

  1. ドアの下部などについたカビ部分をキッチンペーパーなどで覆い、その上からカビ取り剤を吹きつけます。
  1. 5分ほどおいてからキッチンペーパーをはがし、スポンジでこすり洗いし、次に洗剤成分をしっかり洗い流します。
注意
しつこいカビ退治にはカビ取り剤が効果的ですが、使用する場合は注意書きをよく読んでください。
そうじ中は、十分換気をしてください。
カビ取り剤を吹きつけてから長い間放置すると、金属がさびる場合があります。
カビ取り剤の取扱説明書に従ってご使用ください。
カビの防ぎ方

浴室にはカビの好む4つの条件がそろっています。つまり、反対に条件を一つでも取り除けばカビは発生しにくくなるのです。以下に予防法をあげてみましょう。

●温度を下げる

カビがもっとも活発に活動するのは20~30℃です。
入浴後は冷水をまいて温度を下げるようにしましょう。

●湿度を下げる

カビは湿度70%くらいでもっともよく繁殖します。入浴後2時間以上換気扇を回すか窓を開けましょう。
浴槽には必ずふたを。お湯を抜いてしまうのがベストです。

●栄養源をたつ

カビの好物は湯あかや石けんかすです。
最後に入浴した人がひと手間かけてこうした、栄養源を洗い流す習慣をつけると効果的です。

●空気を入れ換える

カビは特によどんだ空気を好むので、換気を心がけましょう。
また、しつこいカビ退治にはカビ取り剤が効果的ですが、その場合は注意書きをよく読んで、換気をしながら使用してください。

水が止まらなくなってしまったら

こんなときにあわてないために、止水栓の場所と止め方を覚えておきましょう。  止水栓の位置と閉め方

止水栓って何?

水まわりの器具には、たいてい止水栓というバルブがついています。この止水栓を止めると、器具が故障して水が止まらなくなったとき、その器具だけの水を止めることができます。

器具についている止水栓の役割

水が止まらなくなったときは修理が必要ですが、修理するには水を止めなければなりません。家屋全体の水を止める元栓でも止められますが、この場合はすべての水が止まってしまい、たいへん不便です。また、修理は水道工事店などに依頼しなければなりませんが、それまでの間、出しっ放しの状態では水が無駄になってしまいます。器具についている止水栓の止め方を知っていれば、応急措置ができて安心です。

浴室水栓の場合

止水したら、取扱説明書に記載されている処置方法をお試しください。
それでも直らないときは、お買い求めの販売店や工事店、またはTOTOメンテナンス(株)へ修理をご依頼ください。

その他の浴室のお手入れ方法はこちら

キレイをキープするポイントキレイな浴室、長くキープしたいですね!
簡単にできるポイントをご紹介します!

習慣にしよう!
最後の人が軽くおそうじ
最後に入浴した人が、シャワーで壁や床を洗い流し、残り湯を抜きながら浴槽内の湯あかをスポンジで落とします。さらに、から拭きで水気を取ればカビ予防にもなって完璧です!習慣にすればらくちんです
カビ対策に!
しっかり換気がポイント
バスルームの大敵、それは湿気が大好きなカビ!カビは見た目が悪く、発生すると取り除くのも大変です。
入浴後にはできるだけ長く換気扇を回したり、窓を開けてしっかり換気しましょう
やりすぎに注意!
おそうじ時間は30分までが目安
スペースが広い浴室のおそうじは、体力が必要です。時間をかけすぎると、心身ともに疲れ果ててしまい、つい億劫に…。一度のおそうじは15~30分が目安。どんなに長くても1時間を限度に計画的なおそうじを。
キレイ度アップ!
ピカピカ水栓を保とう
浴室を清潔にきれいに見せるポイントはピカピカの水栓金具。
水あかや石けんかすは見た目によくないだけでなく、放っておくと頑固な汚れになったり、メッキがさびることもあるので、要注意です。

Help!こんなとき、どうしよう!浴室まわりの「どうしよう!」を
解決する方法をご紹介します。

汚れの基礎知識へのリンク効率よくおそうじするために、
汚れの種類を知りましょう。
詳しくはこちらへのリンク

便利なおそうじ道具や洗剤へのリンクおそうじの強い味方になる
道具や洗剤をご紹介します。
詳しくはこちらへのリンク

快適に浴室を使うための役立つ情報がいっぱい!

浴室のトラブル解決へのリンク

ご自分でできる修理・調整方法をご紹介します!

浴室の点検のおすすめへのリンク

安全にお使いいただくために、簡単チェックで、
浴室の故障を見つけましょう!