別冊UD style

01 アクティブシニアの暮らしを考えた
マンションリノベーション

リタイア後のお住まいとして、第二の人生を暮らす場所として、終の棲家として・・・。
住み慣れたご自宅をリノベーションして、住み続けることを選択されたアクティブシニアのお宅。
近々ご自宅の改修を検討されている方、理想の住まいを手に入れたいと漠然と考えているという方、まだまだ先の話だとお考えの方にも、これからの住まいづくりの参考に、さまざまな工夫やリノベーションのポイントをまとめた事例をご紹介します。

ツイート シェア
UD Story 広々リビング

リタイア後のリノベーション
趣味の着物やおもてなしもできる広々リビング

  • リノベーション
  • リビングダイニング
  • リタイア
  • 1LDK

76m²の3LDKのマンションを広々リビングダイニングの1LDKに。親子二人暮らしのためのリノベーション事例

リタイア後のお母様と息子さんの二人暮らしのための住まいです。間取りを変更して住まいの3/4を占める大きなリビングダイニングを中心にリノベーション。
リビングダイニングの一角を寝室にし、可動式の壁で目隠しをすることで、住まいを広く使うことができます。将来、身体の状況が変わっても無理のない生活を維持できるようにと、家事動線の見直しや段差をなくす工夫など、あらゆるヒントが事例から読み取れます。

(出典:TOTO×日経デザイン ホッとワクワク+ 以下同)
UD Story 第2の人生

第2の人生をスタートさせるにふさわしい、
美しさを追求した住まい

  • リノベーション
  • ヴィンテージ・マンション
  • スケルトンリフォーム
  • 長く住まう

クリエイティブなシニアの女性が主役のヴィンテージ・マンションのリノベーション事例

家族を亡くし意気消沈していた女性が、「新しい環境を作ることが新たなスタートのきっかけになる」という友人の言葉で決心した築約40年のマンション・リノベーション。
過去の家具や調度品の大半を処分し、130m²の広い空間をスケルトンリフォーム。シックな色調でコーディネートし、新たな人生のリスタートにふさわしい住まいにしました。
機能面だけでなく心地よさにも気を配り、長く住まうことができる住まいづくりを心掛けた好事例です。

UD Story 終の棲家

互いの気配を感じ取りながら、
より快適・安心に暮らせる終の棲家へのリノベーション

  • リノベーション
  • 互いの気配
  • 生活スタイル
  • 快適・安心

国際結婚のご夫婦が、お互いに適度な距離感で快適に暮らし続けられる住まいのリノベーション事例

友人、親戚を含めゲストの多いご夫婦が、住まいに望んだのは、パブリックとプライベートを明確にすることでした。お互いの生活スタイルや趣味を大切にし、互いに気兼ねなく暮らせるようにそれぞれに専用の寝室・収納スペース・浴室などを用意しつつ、夫婦が互いの気配を感じ取れる工夫を設計に盛り込むなど間取りが特徴的な事例です。