TOTOのおもてなしトイレ

パブリックトイレにも、
まいにちの「使いやすい」を追究する。

おもてなしトイレへの取り組み

わかりやすく、簡単な操作

公共トイレ操作系JIS(JIS S 0026)に対応。シンプルなボタン配置や便器洗浄ボタンを独立させるなど、初めて使う方でもわかりやすい設計です。

バリアフリーからユニバーサル
デザインへ

お子さんや高齢者、さまざまな身体状況の方はもちろん、外国の方など、多数の人が利用する公共的な施設では、バリアフリーという考え方を越え、すべての人々が使いやすいユニバーサルデザインという発想がスタンダードになりつつあります。

真のリフレッシュ空間

オフィスや商業施設、学校、病院、交通施設などの公共施設にとって、トイレを美しく安心・快適にすることが、テナントや利用者の満足度向上、施設の価値向上につながっています。