トイレ空間の「使いやすい」

トイレブース

みんなの使いやすいをカタチに 壁掛大便器セット・フラッシュタンク式

一度洗浄してから約20秒で次の洗浄ができます。
TOTOが培った便器洗浄技術で実現した、パブリック向けの新定番です。

詳細はこちら

シンプルな操作性と見やすいボタン

エコリモコン

シンプルなボタン配置や便器洗浄ボタンを独立させるなど、初めて使う方でもわかりやすい設計です。

棚にも手すりの代わりにもなる

棚付二連紙巻器

棚にも立ち上がる時の手がかりにもなる優れモノ。さらに二連あるのでお子様、大人とそれぞれで使いやすい方を選ぶことができます。

ソフトな感触で、よりしっかりと握れる

滑りづらく握りやすい、安心の設計が施されています。

あると安心

ベビーチェア

子どもと一緒だといつもバタバタ大忙し、乳幼児を座らせておく事ができる「ベビーチェア」は子ども連れのママやパパの強い味方です。

小便器エリア

シンプルなデザインと機能性を両立 自動洗浄小便器

従来品と比較し、ボウル内が確認しやすく、より便器に近づいて立てるため、尿だれ軽減につながります。またボウル面に傾斜をつけることで、尿はねを軽減します。

詳細はこちら

圧迫感がなく、荷物も置きやすい高さ

従来品と比較し、20cm低い110cmのライニング高さで設置可能。圧迫感のない空間が実現でき、荷物も置きやすくなります。

低リップで子どもも使いやすい

リップ(前方に張りだした尿受け部分)の床面からの高さが低いので子どもも使うことができます。

手洗いエリア

水はね軽減を実現したカウンター洗面器 カウンター式洗面器/セルフリミング式

洗面器の形状を工夫することにより、手洗い動作時の手の位置をカウンター面より下にすることで、カウンターへの水はねを軽減する新しいタイプのカウンター洗面器です。

詳細はこちら

女性が化粧しやすいカウンター設計

奥行き45cmのコンパクトなカウンターと、洗面器ボウル面より一段高いカウンターで女性が化粧しやすい洗面ゾーンをご提案します。

車いす配慮

車いすが入りやすく、洗面器前側のふち部分に両ひじが乗せられ、体が安定した状態で手洗いができます。

多機能エリア

多機能トイレに必要な器具類をパッケージ コンパクト多機能トイレパック

便器や手すりの前出を抑え、ライニング付きでもコンパクトな設計で、使い勝手のよい多機能トイレを設置できます。また便器や洗面器へのアプローチがしやすく、使用者への配慮も十分になされた商品です。

詳細はこちら

便器へのアプローチ

壁掛式便器だとアプローチや介助もしやすいです。

洗面器へのアプローチ

足元に空間があるので、車いすのフットレストが当たらずアプローチしやすくなっています。

車いすの方向転換がしやすい

壁掛式便器、ライニング下の空間の拡大により、洗面器にアプローチがしやすく、手洗い後の車いすの方向転換がよりしやすくなりました。

角度の付いた背もたれで上体が安定しやすい

座位での姿勢にあわせて、角度の付いた背もたれです。腰から背中全体を支えるため、便座上の動作でも上体が安定します。

オストメイト(※1)配慮

あふれ面が高く、楽な姿勢で作業できます。円形でアプローチしやすく斜めからも使用可能です。
※1 オストメイトとは、腹部などに排泄のための開口部(人工肛門、人工膀胱)を造設した方のこと。