TOTO

UD Style TOTOのユニバーサルデザイン

  1. Home
  2. UD Style
  3. 暮らしのUD ホッとワクワク

TOTOと日経デザインが見つけた、身近なユニバーサルデザインを紹介するサイト「ホッとワクワク」。第19回と第20回では、「ホッとワクワク」のスタッフが調べた、震災後の生活に役立ったユニバーサルデザインのグッズをラインナップ。

暮らしのUD

ホッとワクワク

TOTO×日経デザイン

第19号
普段も緊急時も変わらず使えるモノに注目 1

3月11日に起こった東日本大震災。揺れと津波が被災地に甚大な被害をもたらし、避難した皆さんは電気、ガスのない不便な生活を送っています。そういった生活の中で本当に役立ったのはごくシンプルな誰でもが簡単、安全に使えるもの、そして、電気を必要としないものでした。また、いざというときのために特別に作られたのではなく、普段の生活になじみやすいことも共通点として挙げられます。今回は、そういった普段も避難時も変わらず安全に使えるモノを紹介します。

アイデア1 場所を選ばず、安全に火を使えるカセットこんろ

「やはり便利」との実感が多く聴かれたのは、卓上調理器のカセットこんろ。電気やガスの使えない状況でも、小型のカートリッジ式ガスボンベをセットしつまみをひねるだけで簡単に使えるからです。軽量なので気軽に持ち運びでき、屋内、屋外など使う場所を選びません。そのため、普段の食事で使い慣れているカセットこんろが活躍したケースも、少なくなかったようです。
 写真は、イワタニの「アモルフォ プレミアム」。ゴトクが低く火加減をチェックしやすいほか、鍋からの吹きこぼれで炎が消えたとき、センサーが温度変化を感知して自動的に再点火させるなど安全も配慮されています。一方、ホームパーティーでも活躍してくれそうな、光沢の美しいステンレスを生かしたシンプルなデザインも魅力。普段用と緊急時用を兼ねるカセットこんろとして、候補にいかがでしょうか。

カセットこんろ使用イメージ鏡面のステンレスがシンプルな形状を一層美しく見せる。2010年グッドデザイン賞受賞。アモルフォ プレミアム 2万3100円(税込)/イワタニ

カセットこんろ本体

ページトップへ

アイデア2 電気がなくても使える、昔ながらの保温ポットが活躍

−電気式のポットは停電になるとお湯が注げない−。今回の避難生活、節電生活をきっかけに、このことに初めて気づいた人も多かったと聞きます。そのため、あらためて注目を浴びたのが写真のような電気不要の保温ポットです。同様の商品を製造している各メーカーに震災当初に多くの注文や問い合わせがあったほか、「節電が求められるこの夏を見越して、冷たい飲み物を入れるために購入するお客様が増えてきました」とサーモスの広報担当は話します。また、シンプルでテーブルの上に置いたときにも絵になるほか、取っ手の仕組みが工夫されて片手でも注ぎやすいなど、見た目のよさと使い勝手の両方を兼ね備えています。普段使いにもぴったりのアイテムです。

ポットそそぎポット口の形状保温、保冷に優れる。口径が7センチと広いため、氷が入れやすく、中も隅々まで洗える。ワンタッチレバーにより、片手で開け閉めが可能。ステンレスポット2.0L オープン価格/サーモス

ポット

ページトップへ

アイデア3 ゲルを注入して、自動車タイヤのパンクを予防

阪神大震災のとき、道路に散らかったガレキなどでタイヤがパンクしてしまい、自転車が使えなくなって困ったそうです。また、今回被災した方からこんな話を聞きました。その方は、公共交通機関が動かず、ガソリンがなく車に乗れなかったので、営業しているお店まで半日かけて歩き買い出しに行ったといいます。「ガレキを踏みパンクしそうで、自転車にも乗れなかった」。
マステックが2003年に開発したリペアムゲルは、タイヤのパンクを防ぐアイテムです。空気の代わりにタイヤに注入した後固まれば、クギが刺さったときにゲルが漏れることはありません。このゲルは軽量で、弾力性と衝撃吸収性が高いため、乗り心地も上々です。普段使っている自転車のタイヤに注入することができるので、「自転車本体のデザインがミスマッチ」などという悩みもなし。いざというときに備えておきたい人は、あらかじめこのゲルを注入しておくとよさそうです。

釘のささったタイヤリペアムゲルは、全国のマステック特約店で注入が可能。タイヤ1本あたり3000円からが目安。ほとんどの種類のタイヤに使えるが、オフロード用など太めのタイヤは重くなるので不向き

タイヤ断面図

ページトップへ

(日経BP社「日経デザイン」 介川亜紀 フリー記者)2011年4月28日掲載
※『暮らしのUD ホッとワクワク』の記事内容は、掲載時点での情報です。

次回予告
次回の更新は5月下旬頃を予定しています。

暮らしのUDについてお聞きします。

このページの記事内容についてアンケートにご協力ください。

この記事をどのくらい読みましたか?
 
 
内容は参考になりましたか?
   
   
 「ホッとワクワク」を次号も読みたいと思いますか?
 
お客様についてお教えください。
性別:  
年代:          
ご職業:    
   

送信後、もとのページに戻ります。

ページトップへ