TOTO

UD style TOTOのユニバーサルデザイン

  1. Home
  2. UD style
  3. ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

一人でも多くの人が、より使いやすく、快適であること---自分自身が不便に感じていること。誰かが不自由していること。そこに目を凝らし、解決するための方法を考える。まわりの人を思う”気づかい”それがTOTOのユニバーサルデザインの視点です。

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインの概念は、アメリカのノースカロライナ州立大学の教授ロナルド・メイス氏が中心となって、1980年代から提唱していたもので、最初からできるだけ多くの人が利用できるように企画・設計する考え方です。

ユニバーサルデザインの7原則 THE PRINCIPLES OF UNIVERSAL DESIGN

1997年にロナルド・メイス氏(1941-1998)を中心とする建築家やデザイナーなどの専門家たちがユニバーサルデザインの考え方をまとめ「ユニバーサルデザインの7原則」をつくりました。

原則1 EQUITABLE USE さまざまな使用者が公平に使用できること
原則2 FLEXIBILITY IN USE さまざまな使用者や使用環境に対応できること
原則3 SIMPLE AND INTUITIVE USE 使い方が直観的に分かること
原則4 PERCEPTIBLE INFORMATION 必要な情報がすぐに分かること
原則5 TOLERANCE FOR ERROR 失敗や事故につながりにくく、万一の事故にも対応すること
原則6 LOW PHYSICAL EFFORT 姿勢や体の動きに無理がなく、少ない力で楽に使用できること
原則7 SIZE AND SPACE FOR APPROACH AND USE 使用者の体格・姿勢・使用状況にかかわらず、使いやすい大きさと広さが確保されていること

出典:THE CENTER FOR UNIVERSAL DESIGN

TOTOの考えるユニバーサルデザイン

TOTOのユニバーサルデザイン5原則

ユニバーサルデザインは、自分自身にとっての「使いやすさ」、「快適さ」を考えることから始まると私たちは考えています。TOTOでは、この自分自身にとっての「使いやすさ」、「快適さ」を「TOTOのユニバーサルデザイン5原則」としてまとめ、つねにこの5原則を心に留めながら、よりよい商品開発・提案を行っています。

ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いとは?

バリアフリーとは、さまざまな身体状況の方の一人ひとりの機能を補うことを配慮する考え方。ユニバーサルデザインは、すべての人を気遣う考え方です。

姿勢・動作がラク

姿勢・動作がラク
姿勢や体の動きに無理がなく、長時間でも疲れないこと。

わかりやすく、簡単な操作

わかりやすく、簡単な操作
操作スイッチの場所や機能の違いがわかりやすく、操作の手順がすぐにわかり、操作そのものも軽い力でできたり、操作が簡単なこと。

使用者の違い・変化に対応

使用者の違い・変化に対応
あとから機能が追加できたり、使用者の違いなど、変化に柔軟に対応できること。

快適

快適
身体に有害なものが無いことはもちろんのこと、生理的な不快感がなく、温度や明るさなど身体への負担が少ないこと。

安全

安全
事故が起きない配慮がされていること。

ページトップへ