TOTO

UD style TOTOのユニバーサルデザイン

  1. Home
  2. UD style
  3. TOTO UD研究所
  4. 基盤づくり

TOTOのユニバーサルデザイン活動基盤づくり

よりよい商品開発・提案を実現するために、TOTOのUD研究所では、「人」と「使いやすさ」についての基礎研究を行っています。他の研究機関、行政、異業種など、外部からの情報を柔軟に取り込むために、産学連携の共同研究や国内外での研究発表を行い、ユニバーサルデザインの基盤としています。

検証手法研究(1)観察手法

検証手法研究(1)観察手法

モニターの方に洗面台を使っていただき、その様子を観察する「行動観察手法」に関する研究を行っています。

検証手法研究(2)低視力シミュレータ

検証手法研究(2)低視力シミュレータ

2005年から続けている「低視力シミュレータ」の研究開発。お客様からの「見えやすさ」を考えるためのシミュレータ装置は、2009年に携帯版が完成し、実際の商品づくりの場で活用されています。

年代別困りごと研究

年代別困りごと研究

定期的に水まわりの困りごと調査を実施し、お客様の生活や身体の変化をものづくりに活かしています。

お風呂の入り心地研究

お風呂の入り心地研究

東京大学デザインイノベーション社会連携講座では、東京大学と「お風呂の入り心地」について研究しています。

多機能トイレ寸法研究

多機能トイレ寸法研究

公共用の多機能トイレの最適寸法については、毎年テーマをかかげて研究を進めています。

空間プランニングカタログ:バリアフリーブック

  • バリアフリーブック パブリックトイレ編
  • 病院・高齢者施設水まわりブック
  • バリアフリーブック 住まい編

バリアフリーブック パブリックトイレ編は、1974年の創刊より、車いす使用者の方を始めとしたさまざまな身体状況の方の動作の研究成果を掲載して参りました。
当事者の方の困りごとに真摯に取り組む研究から、市場ニーズを先取りした商品や空間レイアウトをご提案、また研究成果を、学会や国への提言につなげることで、国・社会の取り組みにも貢献しています。
病院・高齢者施設、住まいを合わせた3冊で、“ひとりでも多くの人に使いやすい”配慮を提案し続けています。

人の動作研究とバリアフリーブック パブリックトイレ編の歩み
年代 研究活動 バリアフリーブック 法令・社会の動き
1960
車いす使用者配慮(1968〜 衛生器具研究会)
1964 東京パラリンピック大会
1970
1974
1980
1990
乳幼児連れ・高齢者配慮(1995〜 多目的トイレ)
1995
1994 ハートビル法※施行
(車いす使用者配慮義務化)
2000
オストメイト配慮(2001〜多機能トイレ)
視覚障がい者配慮 公共トイレ操作系(2003〜 産学共同研究)
機能分散配慮(2009〜 簡易型車いす便房研究)
2001
2000 交通バリアフリー法※施行
(オストメイト配慮義務化)
2002 ハートビル法※改正
(乳幼児配慮推奨)
2006 バリアフリー法※施行
2007 公共トイレ操作系JIS※制定
2010
小規模・改修配慮(2012〜 寸法・レイアウト研究)
2012
2017
2012 バリアフリー法※建築設計標準改正
(機能分散推奨)
2016 バリアフリー法※建築設計標準改正
(小規模・改修建築物のバリアフリー化推奨)
※ハートビル法
「高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」の通称。1994年施行。
病院,劇場,集会場,展示場,デパートなど不特定かつ多数の人が利用する政令が定める公共施設において、高齢者や身体障害者が支障なく利用できるよう対策を促すために施行。2006年バリアフリー法の施行に伴い廃止。
※交通バリアフリー法
「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」の通称。2000年施行。
高齢者、身体障害者等の自立した日常生活、社会生活の確の重要性が増大したことから、公共交通機関を利用した移動の利便性、安全性の向上の促進を図ることを目的として施行。2006年バリアフリー法の施行に伴い廃止。
※バリアフリー法
「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」の通称。2006年施行。 高齢者・障害者・妊婦・傷病者などが移動したり公共施設などを利用する際の利便性・安全性を向上させるために、公共交通機関・施設および広場・通路などのバリアフリー化を一体的に推進することを定めた法律。
※公共トイレ操作系JIS
日本工業規格「高齢者・障害者配慮設計指針−公共トイレにおける便房内操作部の形状,色,配置及び器具の配置」。
高齢者、障がい者が、初めて使うことも多い外出先のトイレでの困りごとである「トイレの流し方がわからない」「洗浄ボタンと呼出ボタンを間違えて押した」などの問題を解決することを目的とした規格。
JIS S 0026。2015年、日本の公共トイレ操作系JISを基に国際標準化機構(ISO)の規格が制定された。
バリアフリーブック(オンラインカタログ)

ページトップへ