2017年 秋号

[特集]

まちを起こす戦略としての建築
Strategy for Town Revitalization

私のまちが、ずっと魅力的な場所であってほしい。
たくさんの人が訪れ、住む人も増えるとよい。
その想いをもって、「まちづくり」は始まる。
まず、人の力は欠かせない。
そして、まちを起こすには戦略が必要だ。
まちを知り、分析し、計画を立案する。
大切な要素は、まちのデザイン、建築がつくり出す場の力。
考え抜かれた建築の力は、まちおこしの一端を担うものでありつづけるだろう。
方法はさまざま。
ひとつの小さな建築の試みが、まち全体に波及したり、あるいは、建築が群となって、まちの価値を上げたり。
時には、建築の役割自体を再考する必要もあるかもしれない。
あらためて、その戦略を探ってみた。

表紙写真/「とおり町 Street Garden」の俯瞰。
表紙撮影/川辺明伸

  • 表紙写真/「とおり町 Street Garden」の俯瞰。
    表紙撮影/川辺明伸

購読のご案内はこちら