編集ノート

発言は生きつづける

 久しぶりに40年、50年分の建築を見直した。
その作品が発表された頃の興奮も併せて思い出された。
 残念だったのは、実物を拝見できなかったこと。
 保存されず消えてしまっていたもの、お住まいの方の高齢化で撮影対応は無理だったものもあった。
 しかし、頭の中では、作品そのものの輝きは光を失っていない。
 あの時代の輝きと作品が示した当時の建築界への提案性、発言は生きていると実感した。