TOTO通信 2012年夏号

特集/タダの箱

建築がタダの箱であってもなんの問題もない。しかし、現にタダの箱から跳躍して、建築として自己主張するすばらしい建築作品が生まれていることも事実だ。そこにはさまざまな発想、手法があり、ひと言では語りつくせない世界が広がっている。小さな住宅建築であるがゆえの試みと努力もあり、その向かうところ、手法の追求はまだまだ続くにちがいない。平面を切り口とするもの、断面に新しい世界を切り開くもの、さまざまな努力が続いている。その試みのいくつかを取り上げた。

表紙写真/「経堂の住宅」と長谷川豪さん
写真/川辺明伸