インディテール

聞き逃した大切なこと タカギプランニングオフィス ホームページへ

 タカギプランニングオフィス髙木栄一さんには、個人的に発見した建築家選びのポイントがある。この人なら成功するという、ワンルーム式賃貸集合住宅設計の個人的な視点。建築雑誌に発表された図面で推測できるとも言う。
 まず、賃貸集合住宅と分譲集合住宅は違うという哲学的一線。賃貸集合住宅は恋愛であって、一定期間の居住。所有物ではなく、責任がなく、きれいなほうがよい。たとえて結婚(購入)と離婚(売却)という分譲集合住宅にはおのずから別の視点が存在する。
 コーディネーター独自の視点として、借り手のメリットと、貸し手のメリットのバランスから作品をチェックする。
 さらに、きれいでなければならないけれど、ランニングコストがかかってはいけない。ディテールに凝るのも困る。コストと工期がかかる。感覚的には上品で、実用的で、すっきり。
 だが、プラン決定のさらなる重要ポイントは、これ。すなわち見えない部分が室内にあること。死角がある空間。SOHO使用の場合はとくに重要なポイントだと言う。ベッドを見せたくないという切実にして具体的な思いがそこにはある、と。そうとう難しい注文ですね。

  • Drawing
  • Profile
  • Data