TOTO通信 2011年新春号

特集/設計の手がかり

日本の建築が激しく変化している。ここまで新鮮な建築、新しい設計コンセプトを次々に提示している国は、世界を見渡しても見あたらないと言い切ってもいいだろう。とはいえ最先端を走る建築家が何を手がかりに、何を目指しているのか。そこに共通性はあるのか。同時代に生きて、同時代の動きを分析・認識するのは難しいことを承知のうえで、新しい動きを追ってみる。