水まわりの汚れ


1.汚れの正体


1-1種類と発生原因

コラム 細菌・カビとは?
コラム 浴室と居間にはどれくらいカビと細菌がいるの?




2.予防とお手入れ


2-1お手入れしないとどうなるの?

予防するには?

お手入れ方法


TOTO
TOTO

水まわりの汚れ1.汚れの正体




1-1 種類と発生原因

水まわりの汚れの主な種類と、その原因についてご紹介します。

黒ズミ
金属石鹸

赤シミ
水垢

ヌメリ
もらいさび

黒ズミ

便器や浴室のタイル目地・コーキング剤・ふろふたなどに見られる黒い汚れが黒ズミです。
これは、空気中のカビが、付着した汚れ(尿、垢など)や洗剤成分、目地自体を栄養に繁殖したものです。また、カビは湿ったところで繁殖します。カビは目に見えない凹凸の奥まで入り込み、除去するのが大変です。


写真/便器のフチ裏の黒ズミ



便器のフチ裏の黒ズミ
拡大図

他に、空気中のほこりが便座に生じる静電気に引き寄せられ、便座が黒く汚れることがあります。
UP

赤シミ

洗面台の排水口・水栓まわりや便器の内側、浴室の床などに見られるピンク色の汚れは赤シミです。
赤シミは、水分のある状況で、空気中や水道水の中にいる細菌()
が、汚れを栄養に繁殖したものです。こすれば取れるので、赤シミがついたら、中性洗剤などで汚れをすぐ取りましょう。

細菌が作る淡紅色の不溶性色素により、赤〜ピンク色に見えます。
写真/洗面台排水口の赤シミ



洗面台排水口の赤シミ
拡大図
UP

ヌメリ

洗面台やキッチンや浴室の水栓まわり、排水口や浴室の床など水が溜まる場所にできるヌルヌル。これがヌメリです。
ヌメリは、水分がある状況で細菌が付着し、汚れを栄養に細菌が繁殖したものです。細菌の集団とその分泌物によって発生します。
また黒や褐色の色はカビによるものです。汚れを付着させないことが大切となります。
UP

金属石鹸
写真/金属石鹸



金属石鹸
拡大図

浴槽のふちや洗面ボウル、ロータンクの手洗いボウルに付く白っぽい(黒っぽいものもある)汚れが金属石鹸です。
金属石鹸は、石鹸分(脂肪酸)や人体の脂肪分が水中に含まれるカルシウムなどの金属成分と反応してできたものです。日々の汚れが知らず知らずのうちに積み重なってできる汚れで、目立つ状態になったときには、なかなか落ちない汚れになってしまっています。

UP

水垢
写真/水垢



水垢
拡大図

水道水に含まれるケイ酸が、湿潤と乾燥を繰り返すうちに洗面ボウルやロータンクの手洗いボウル、浴槽、シンクなどに次第に堆積してできたものです。
また、手入れをおこたると便器の水たまり周辺にはスジ状の黄ばみができてしまいます。

UP

もらいさび
写真/もらいさび



もらいさび
拡大図

器具そのものから生じたものではなく、濡れたヘアピンや包丁などのさびがステンレスやプラスチック、衛生陶器に付着したものです。
他には、工事で出た配管の切りくずがさびて浴槽の底などに移ったりすることもあります。

BACK



Copyright(C)TOTO LTD.All Right Reserved.
UP