2017年7月9日

ホクレンディスタンスチャレンジ2017 北見大会

2017年7月9日(日)に、北海道 北見市東陵公園陸上競技場にて「ホクレンディスタンスチャレンジ2017 北見大会」が開催され、2種目6選手が出場しました。1500m出場のシュル・ブロ選手はスタートと同時に独走し、そのままゴール。自己記録を更新しました。

女子1500mA(7月9日)

選手名記録順位備考
シュル・ブロ 4分09秒91 1位 自己新記録
(旧:4分11秒67)
谷口 愛 4分40秒06 14位

女子10000mB(7月9日)

選手名記録順位備考
一 紋野女 33分59秒92 7位
黒田 純菜 34分08秒68 11位

女子10000mA(7月9日)

選手名記録順位備考
川上 わかば 33分27秒63 13位
川上 さくら 33分49秒13 22位

シュル・ブロ 選手

ターゲットタイム4'10を達成でき、大変嬉しく感じます。網走大会の5000mでは、15'10を切ることをターゲットにチャレンジしていきます。


谷口 愛 選手

久しぶりに、全日本クラスのレースに出場できました。前半から全く対応できず、力不足を感じました。その中で、収穫もありましたので、秋の全日本実業団選手権(1500m)に向けて、自分の満足のいく結果を出せる様に努力していきます。

一 紋野女 選手

2回目の10000mは、前回よりも手応えを感じました。まだまだ改善すべき点があるので、これまでの取組みを無駄にせず、まずは、網走大会に向けて切り替えていきます。

黒田 純菜 選手

初めての10000mで緊張しましたが、中間まで先頭集団でレースを進めることができました。これからがスタートなので、網走大会に向けて頑張っていきます。

川上 わかば 選手

今回、シーズンベストは出せたものの、本来の走りには程遠い走りでした。課題を秋以降のレースに繋げていきます。

川上 さくら 選手

力のある選手と良いコンディションの中で走れるチャンスでした。前半から速いペース変動に対応できない、弱さの出たレースでした。今までに無いレース展開を経験できたことは収穫です。次の網走に向けて、気持ちを切り替えていきます。

一覧に戻る

  • 陸上競技部について ABOUT陸上競技部について ABOUT
  • 選手・スタッフ紹介 PLAYER/STAFF選手・スタッフ紹介 PLAYER/STAFF
  • 大会スケジュール SCHEDULE大会スケジュール SCHEDULE
  • 大会成績 RECORDS大会成績 RECORDS

応援する

TOTO陸上競技部は、
みなさまに愛される強いチーム作りを目指します!
みなさまの応援をよろしくお願い申し上げます。

応援メッセージを送る