求める人財像 平野 氏貞

上席執行役員 人財本部長

あるべき未来の姿からグローバル戦略を逆算していく

今のTOTOを語る上で、“グローバル”は欠かせないキーワードです。
日本国内で力を付けた社員が、海外で活躍する例も増えてきました。たとえ国内勤務であっても、海外出張や海外部署とやりとりする場面が多くなるなど、グローバルな視点での仕事が今後ますます重要になっていくはずです。
将来的に国内と海外の事業規模を同等にすることが私たちのひとつのイメージです。そのために、現状の事業を伸ばしていくという考えではなく、ゴールから逆算した発想が必要だと考えています。未来へ積み上げるのではなく、未来のあるべき姿から逆算して考えなければ、現状を打破できません。
人財の採用・育成についても同じです。軸足は国内に置きつつも、グローバルな事業戦略全体の視点から、まず海外のどの拠点にどんな人財が必要かを考え、必要な人財採用ができる体制づくりを構築。二代目社長の「良き品物を作る前に、良き人を作るのが理想」の言葉が示すように、これまでも人財育成をとても大切にしてきましたが、今後はグローバルで活躍できる人財を育成し、若いうちから海外へ派遣する動きも加速していきます。
中長期の事業戦略に合わせて、新たに長いスパンで人財戦略を考える計画も進めます。目先の数字目標を設定するだけでなく、理想を描き、そこから現時点を考える人財開発こそがTOTOの目指す次世代の形です。

グローバルに活躍するための“強さ”と“しなやかさ”

TOTOの目指すグローバル化は、日本の製品や売り方をそのまま海外に展開するのではありません。生活文化の異なる様々な国や地域、それぞれの現地に対応した事業を展開し、認められてリージョンNo.1の企業になる。グローバルのTOTOとは、このリージョンNo.1企業の集合体でありたいと考えています。
そのようなグローバル化を実現していくためには、“強さ”だけでなく、柔軟に環境に対応できる“しなやかさ”が大切です。“しなやかさ”とは、時代の変化、商習慣や文化の違い、相対する相手の特性に合わせて、対応を変えていく力のことです。商品開発、営業戦略、すべての面で、日本国内で培った強みを活かしながらも、臨機応変に現地のニーズにフィットさせていく力が求められます。
国、文化、事業などの状況が変われば、求められる動きも変わります。ひとつの価値観にこだわり過ぎてはグローバルでは通用しません。
環境の変化に対応しながら、しなやかな強さを持つことが、グローバルの時代を生き抜くために必要だと考えています。

“需要家の満足こそが求めるべき実体“創業時から変わらない思い

TOTOには「国民の生活文化を向上させたい」「健康で文化的な生活を提供したい」という創業時からの強い思いがあります。その思いを果たすために、常にお客様の目線で、ものづくりの質にこだわり、技術を磨き続けてきました。どんなに社会が変化しても、グローバル化が進んでも、この思いが変わる事はありません。創業から約100年経った今も世界中の社員に浸透しているこの思いに共感して下さる方々に、是非仲間に加わって頂きたいですね。

意識して伸ばすべき“自律”して考える力

その一方で、時代は変わり続けています。生活習慣や趣向の変化に合わせて、今の時代にあるべきTOTOを考え抜く力が必要です。さらには、難しい仕事になればなるほど、正解がひとつではなくなります。自分の考えをロジカルに組み立てて、相手に伝えながら、いくつかある正解の中からベストな解を考え抜き相手を動かしていく力。情報を集め、再整理して、自分で考え抜き、相手の目線で説得していく力。まさにコミュニケーションの真髄が求められるわけです。

常にひとつ上のステージに向かって成長を続けるためには、日頃から『疑問』を持つ習慣を身につけることが大切です。好奇心を持って、分からないことは徹底的に調べる。壁に当たった時、疑問を抱いた時に、あきらめずに調べ尽くすことで、自然に応用力が身につくはずです。この姿勢は、ぜひ習慣化して欲しいですね。それが自ら考える力を育むための第一歩だと思います。

多様な個性が溶け合ってさらに大きな推進力を生み出す

人財の採用にあたっては、ダイバーシティの考えを大切にしています。TOTOは生活に密着した製品を作っています。社会にいろいろな人がいるように、社内にもさまざまは個性や価値観を持った人がいて、多様なアウトプットによって事業を支えていることが理想です。TOTOの社風にマッチするという視点だけではなく、幅広い個性を持った方がTOTOを目指してくれることを期待します。
多様な個性が集まることで、自然と女性が活躍できる環境、障がいの有無に関係なく個性を発揮できる環境が生まれます。それが結果として真のダイバーシティの実現につながっていくのだと思います。いろいろな意見を持った人が議論を戦わせて、最終的に同じベクトルに向くことで、さらに強いパワーを持つ会社になるはずです。

やり抜くことで本質をとらえる力を身につける

これから入社される方には、“自ら成長する”プロ意識を持って欲しいと思います。プロフェッショナルとして仕事を通じ、また研修などの機会を活かして、どう成長していくのかを考えるのは自分自身です。「将来こうなりたい」という思いを上司との面談を通して伝えることができる“キャリア申告制度”もあります。そこでは、「何がしたい」「どこで働きたい」という願望だけでなく、“社会人として、TOTOの社員として、こうありたい”という気持ちを伝えてください。
大学で学んだ専門的な知識も大切ですが、それがそのまま会社での仕事に直結することは多くありません。今持っている知識にこだわることなく、会社での30年、40年という時間をイメージして、残りの学生生活を送って欲しいと思います。そして、スポーツでも研究でも趣味でも何でも良いので、「私はこれをやりました」と胸を張って言えることを持って欲しいと思います。やり抜くことで、本質を見通す力がきっと身につきます。その力は、社会に出てからの自分を支える力になるはずです。
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE