人財育成

自ら考え、動き、解決できる力を身につける

TOTOグループの想いと自分の役割を理解し、自ら率先して行動できる創造力豊かな人財の育成に取り組んでいます。
入社後は、ベースとなるビジネススキルを身につけた上で、自分で考えて行動できる人財として成長するために、3年間にわたって計画的な育成プログラムを用意。1年毎に達成目標を設定し、自律人財へと成長するためのスキルアップを目指します。
各プログラムでは、それぞれの業務に必要な知識を学ぶと同時に、すべての仕事に共通する「仕事力」「コミュニケーション力」「論理的思考力」「問題解決力」などを伸ばしながら、業務の計画・実行・改善を行う力を身につけることができます。

入社3年間の育成制度

1年目

仕事の進め方に関する基礎知識を持ち、業務の目的を理解して担当業務を遂行できるようになる。

2年目

担当業務の改善提案に必要な知識を持ち、業務の目的・背景や後工程まで踏まえた改善提案ができるようになる。

3年目

担当業務の問題を解決するために必要な知識を持ち、お客様、現場などの多角的な視点で、業務を自ら計画・実行。また顕在化している問題点を分析して、改善を実行できるようになる。

充実のフォローアップ研修

3年間にわたって、職場での実践とフォローアップ研修・現場実習を組み合わせながら、さらなる成長を促します。フォローアップ研修では、担当業務に応じたコースを受講。「ロジカルシンキングと人事制度について」「問題解決手法」「プレゼンテーション」など、さまざまなテーマを持ってスキルアップを果たせるほか、製造現場実習や市場現場実習などで、さらなる顧客視点・現場視点での考察力を深めることができます。

<フォローアップ研修+現場実習>(例:技術系コース)

<フォローアップ研修+現場実習>(例:技術系コース)

キャリアに合わせた研修を用意

3年間のフォローアップ研修や実習を終えた後も、それぞれの役割に応じて、階層別の研修を強化しています。マネジメントのスキルを養う研修も充実しており、中堅クラス以上の社員を対象に「経営塾」と呼ばれる次期経営リーダー育成のための選抜型プログラムも用意しています。

TOTOグループ人財育成体系図

TOTOグループ人財育成体系図

自分らしいキャリアを叶える幅広い制度

社員自らがキャリアプランについて考える機会、また上司へキャリアプランを伝える機会として、年に1度「キャリア申告制度」を実施しています。直属の上司との面接を通して、適性や他部門の求人、要員配置を考えながら異動を行っています。また、「ジョブリクエスト制度」や「社内公募制度」など、本人のやる気を尊重した異動を行う仕組みもあります。さらに、グローバルな人財の育成に向けて、若手のうちから海外での経験を積むことができる「海外チャレンジ制度」もあり、幅広いフィールドで活躍することができます。
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE