技術職 石川 綾子

理学研究員 化学部門修了、2010年入社
分析技術部 分析技術第二グループ

0から方法を考えて自ら分析、ものづくりを支える。

技術者が主役になれる印象があった。

入社動機はいくつかあります。まず、TOTOには電気などの力を借りずに、水をかけただけで汚れが落ちる製品がありますが、材料の研究者としては、とても魅力的な技術でした。また、技術に注力していて技術者が主役になれる印象があったこと。そして、キッチンなど女性が力を発揮できる商材がたくさんあることも、興味を持った理由の一つです。
最初に配属されたのは、無機材料研究グループ。半導体部材装置のもとになるセラミック材料の作成をしていました。現在所属している分析技術部では、事業部や研究所のテーマの中で分析を行う業務などを手がけています。

外部の研究機関や現場で測定を行うことも。

TOTOの分析では事業部などと一緒になって研究開発を行います。例えば、「試作品で、良品と不良品ができたが、何が原因なのか分からない」とか「感覚的な良し悪しを数値化したい」などの困り事に対し、原因や現象を数値化し、ものづくりの指標を導き出すのが私たち分析の役割です。
業務では、事業部の現場や、ときには海外の事業所まで出向いて対策を考えます。現場の情報を知らないと間違った答えや実情に合わない結論を出してしまうことがあるためです。分析を行うのに最適なサンプル数や方法・装置などを考え、スケジュールを立案し提案。社内の分析機器はもちろん、必要であれば大学や分析機関も活用して測定、出たデータをまとめ、報告―この一連の流れをすべてやっています。

思い通りのデータが出ないと眠れない。

大学の専攻は、ナノの分野の、細かいサンプルを作成して解析するものだったので、まさに、今の仕事で活かせています。
「こんな分析がいいのでは」「こんなサンプルを用意すべき」などを0から考えて、データを出すまで全部自分がやり、その後の開発の助けになることは、すごく面白いし、やりがいを感じるところです。
逆に、データを出したはいいものの、その差を上手く説明できなかったり、仮説と違っていたりすると眠れません。

若いうちから社外の人と交流できる環境。

今の業務では、大学や分析機関にいる専門家や、現場の声を聞いて、分析方法のテーマアップのヒントを得ることもあります。上司も若いうちから社外の人や現場との交流を推奨してくれるので、どんどん外に行って、自分を高めていきたいですね。
また、学会発表をしている先輩も多いので、社外で発表する機会ができればと思っています。そのうえで、ウォシュレットのような誰でも知っている、TOTOらしい技術をつくっていけたらいいですね。

学生のみなさんへメッセージ

TOTOは、一つの分野や自分の殻に閉じこもらないで、人と積極的に交流して自分を伸ばしていこうという人には、魅了的な仕事が待っていると思います。また、0から立ち上げた研究や技術を使って、製品化まで関われることも魅力です。まわりの人を上手く巻き込めれば、製品化の可能性はかなり大きい。自分の技術が世に出る可能性がある職場だと思いますよ。
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE