技術職 荒木 裕典

工学部機械工学第二学科卒、2010年入社
工務部 設計グループ

設備から工場まで。TOTOのインフラを創る仕事。

TOTO歴史資料館で実感したこと。

メーカー志望の私にとって、TOTOは、身近なものを手がけ、風通しのいい社風があることが魅力でした。他にも重工業関係、その他業界の説明会にも行きましたが、自分が働いているイメージが想像できませんでした。また、選考途中にTOTO歴史資料館にも行ってみたのですが、展示されていた製品は、どれも、その時代のニーズを反映したものばかり。社会に本当に必要な製品をつくってきたことに、とても惹かれました。

国内外の工場建設や大型設備設計を行う。

入社後配属されたのは、現在も所属している工務部設計グループです。業務は、大きく工場建設と大型設備設計に分かれます。
工場建設は、文字通り国内外にTOTOグループの工場を建設する業務。事業部や開発の依頼を受けて、設備配置やインフラ(水、電気、ガス、他)の検討、設備の設計、発注、工事の管理までを行います。
大型設備とは、工場内のインフラ設備や特殊空調設備、開発実験設備、生産設備など様々です。例えば、特殊空調設備は繊細な温湿度管理を行うことで、ものづくりを支える数mから十数mになる設備です。こちらも、設計から、製作施工業者への発注、工事管理までを担当します。 私は、1年目は先輩の下でインフラ設備を設計し、2年目からは一人で、生産設備、インフラ設備の設計から立上げまでの業務に携わっています。

各分野のエキスパートが全員で育ててくれる。

工務は、建築、電気、機械、施工管理と、様々な知識が求められます。私も最初は、全く知識がない分野がほとんどでした。専門書を読んだりして必死に勉強しました。
ただ、部内には、一級建築士の本部長を始め、空調のプロや、生産設備のプロ、建築のプロなど、各分野のエキスパートが揃っています。案件ごとに、そのエキスパートたちが教育してくれるから知識・スキルを身に付けることができます。全員で育てようという風土が、ここにはあるんです。

1から10まで関わり、0からものをつくり上る。

0からものをつくり上げ、しかも、設計から見積り、工事の管理、試運転まで関われるのが、この仕事のやりがい。自分の手がけた大きな設備が据え付けられて、稼働したときの感動は大きいですよ。現場に行く度にきちんと動いているかなって見てしまいます(笑)。
反面、0からつくり上げていく難しさもあります。参考になるものはたくさんあるけれど、案件ごと内容も違うし、その通りにつくればいいものは一つもありませんから。

ものづくりの基盤をつくっているという自負。

製造現場にとって、工場や設備は動いて当たり前のものだから、感謝の言葉などは滅多にかけられません。けれど、メーカーとしてものづくりをするための基盤を、自分たちがつくっているという自負はあります。
今後は、まず、機械技術者として専門知識を身に付け、先輩たちのように、ある分野のエキスパートになることが目標です。そのうえで、工場建設のプロジェクトリーダーとなって、国内外問わず工場建設をリードしていきたいですね。

学生のみなさんへのメッセージ

『思い立ったら即行動』という気持ちで早目に取り組んだ方がいいと思います。また、情報は平等に与えられているので、目の前の情報をきちんとつかめるようにした方がいい。そのうえで、広く、フットワーク軽く行動することをお勧めします。
業界ごとに色々な話が聞けるので案外楽しいですよ
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE