企画職 前中 麻里子

情報工学部電子情報工学科卒、2011年入社
法務本部 知的財産センター 企画・小倉特許グループ

製品ではなく「特許」で、最新技術を世の中へ。

「落ち着く場所」に使われているのが魅力だった。

九州出身の私にとって、TOTOの看板はとても身近な存在。就職先としても、毎日の「落ち着く場所」に使われる製品を扱っていることが魅力でした。世界中に気持ちよさを伝えて、共感してもらえると思ったんです。 また、大学で通信・プログラミング・電気回路などを勉強していたので、TOTOなら学んだことを広く活かせると思いました。会社説明会で女性が活躍している姿を見たのも、選んだ理由の一つです。

「発明の創出」などに携わる。

若手育成に力を入れている部門の方針で、入社1年目は知的財産センターに属する調査グループに在籍。講師役である調査グループの方々からから、特許文献を読み解くための基礎を学びました。また、調査グループには、元開発や元営業、元経理の方など、様々なキャリアの方が在籍しており、知的財産権に関すること以外にも多くのこと教えていただきました。
2,3年目は、知財の実務の一連の業務について、OJTを通して経験し、基礎スキルを身につけていきました。
4年目から、水栓事業部の担当となり、知財の仕事に本格的に携わるようになりました。知財の代表的な業務に「発明の創出」があります。例えば、開発者が節水に優れた新製品をつくったとしましょう。そのとき、どんな工夫をして節水を実現したかを本人から聞き、工夫した点を書面化、出願手続きなどを行い権利化し、保護していくのです。
TOTOは、年間400件以上の特許を出願していますが、使わない技術で特許を取ってもコストになるだけ。逆に、取得しても抜け道が多ければ、他社が代替技術で簡単に開発できてしまいます。自社の技術をいかに守るか。あるいは、技術トレンドを見極め他社がライセンスを受けてでも使いたくなるものを取得するとか、今後開発がしやすくなるよう一つの技術だけでなく、そこに関わる周辺の技術も一緒に特許を取得するなど、活用の観点からも戦略を考えていきます。
また、他社の特許を侵害していないかを開発者と一緒に調査するのも、私の仕事です。

世に出たときの嬉しさは製品も特許も一緒。

ひとり黙々と書類に向かう仕事ではありません。開発者からポイントを詳しく聞くだけでなく、開発者が気付いていないポイントを指摘したりしながら、タッグを組んで権利化を進めていきます。ときには特許庁の面接審査もあり、動画、写真なども駆使して資料を作成、技術の独自性を分かりやすく審査官に説明していきます。 こうした過程を経て、特許と認められたときは、開発者と喜びを分かち合えます。特許は、製品と違って店頭に並ぶこともありませんが、世に出たときの嬉しさは製品も特許も一緒です。

「争いごと」をあえて経験したい。

侵害訴訟、無効審判など、技術を守るために争う、そんな最前線の交渉をやってみたいですね。将来的には「知財なら前中」と信頼される存在に成長できればと思っています。信頼関係があるからこそ聞き出せる技術のポイント、未然防止できるリスクがありますからね。

学生のみなさんへメッセージ

いろいろな企業を見てほしいと思います。そんなチャンス、就活のときだけですからね。すると、その企業の色が見えるはずです。その色を感じて、専攻が合うから、有名だから、ではなく、自分が好きだと思える企業を選んでほしい。そうやって選んだ企業は、たとえ就職して辛いことがあっても、自分があのときあのような気持ちで選んだということが支えになると思います。

1日のスケジュール

8:00
出社し、メールチェック。
8:00~
チームミーティングの後、デスクワークに。
水栓事業部の開発者とは、主に電話・メールで連絡するが、週1回は事業部まで出向き、直接やりしながら、新製品に使われる技術のヒアリングや、他社の特許侵害をしていないかなどの確認を行う。
18:30
帰宅
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE