岡山 裕充

販売統括本部 システム商品営業推進部
商品営業企画グループ グループリーダー

“もっと自分にできること”を求めて
ものづくりから営業の現場を見つめ直す

“もっと自分にできること”を求めて
ものづくりから営業の現場を見つめ直す

全員で目標に向かうチーム営業は 成功の喜びまで共有できる

現在は、販売統括本部の商品営業企画グループという部署で、主に商品に関わるPR施策や価値の伝達方法といった、全体的な営業アプローチを取りまとめる仕事をしています。
現在の部署に移るまでは、山口や広島、愛知などで、入社以来19年にわたって営業一筋でやってきました。
営業の魅力のひとつは出会いです。お客様を含めて、社内外での接点が増えるので、とても刺激になります。
また、TOTOの営業手法は、ショールームアドバイザーや事務スタッフ、施工担当者、メンテナンス部門など、全員が一緒に戦うチーム営業です。営業担当者一人でできることは限られますから、多くの人のバックアップを得て、どうやってチームで営業を組み立てていくかに面白みがあります。
もちろん、営業の目標となる数字もあるので、チームワークを活かして目標を達成した時はみんなで喜ぶことができます。

TOTOの品質があるからこそ、胸を張ってお客様と話せる

かつては、西日本を中心に多くの営業所での勤務を経験しました。
営業所はとってもアットホーム。どの営業所も10名前後の規模でしたが、すごく一体感が強く、全員で目標に向かい、みんなで喜びを分かち合う雰囲気がありました。
また、TOTOの商品は、ブランドの信頼感があるので、お客様の印象が良く、たとえ「品質は良いけど少し高いよね」と言われることはあっても、逆はありません。
もちろん売る難しさはありますが、それがストレスになることはなく、自信と誇りを持ってセールスに注力できます。

営業で学んだ“聞く力”を社内のコミュニケーションに活かす

入社してからしばらくは、手段が目的になってしまいがちでした。長年営業活動を通して、「真の目的は何か?」「それはお客様視点か?」という判断基準が身についたと思います。
また、結構突っ込まれやすいキャラだったので、はじめはしんどいと思うこともありましたが、言われやすいことで他人よりたくさん情報が集まることに気付き、逆に自分の強みとして聞く力を磨いてきました。
何事もまずは聞くことからはじめると、良い方向に進めるということを知ったのは大きかったですね。
管理職になって部下のマネジメントを考える時も一緒。まずは、部下の言葉に耳を傾けることが、良いコミュニケーションの第一歩だと思います。

ものづくりに近いところで得たヒントを 営業の現場で活かしたい

多様なセクションがある企業ですから、製品が企画・開発・製造のステップを経て営業に来るまでに、どういった経緯を辿ったのかが見えない部分がありました。時には、売り方やプロモーションの仕方について、理解できない事もありました。
そこで、全体の仕組や流れを知ることができれば、もっとダイナミックな発想で仕事ができるんじゃないかと、大好きな営業の仕事を高めるために、あえて一度離れてみる必要があるんじゃないかと考えるようになったのです。
そのことを上司に相談したところ、それなら商品営業企画グループで経験を積むと良いとアドバイスをもらいました。商品の開発・製造部門と接点がある部署でしたから、ものづくりのプロセスを川上から川下まで見通すことができる。自分のこれからのキャリアを考えた上でとても良い配属だったと思います。

岡山 裕充

販売統括本部 システム商品営業推進部 商品営業企画グループ グループリーダー
法学部卒

<キャリアパス>

入社
販売促進グループに配属
1年目
中国支社の山口、福山などの営業所にて経験を積む
10年目
中部支社の特販課に異動
14年目
中部支社の四日市エリアのグループリーダーとなる
20年目
企画・開発・製造を含めた事業全体を俯瞰から見つめなおしたいと考え異動を決意
19年間担当した営業職を離れ、商品営業企画グループのグループリーダーに

メッセージ

私は、日々の仕事でツライことがあっても、TOTOでの仕事を嫌いになったことはありません。
事務所に戻るたびに仲間と明るく悩みを共有できたことが大きかったと思います。
TOTOの社員は自社の製品をとても愛しています。みんながプロの意識を持ってお互いに認め合い、「この良い製品をもっとお客様に知って欲しい」という同じ気持ちで、同じ方向を向いている。これも本当に幸せなことだと思います。
この環境さえあれば、たとえ仕事でどんなにつらいことがあっても、きっと笑顔で仕事と向き合うことができるはずですよ。

2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE