人財採用担当者メッセージ

TOTOは、 「熱い想いがあれば、チャレンジできる会社」。
~採用担当者が語るこれから必要な人財、学び・成長の機会

いい人、真面目な人だけでなく、強い意志を持った人にも受けてほしい。

――TOTOを志望される学生のみなさんは、どういう方が多いですか?

河村
世間で言われるうちのイメージにあった人が多いと感じます。つまり、いい人、真面目な人。

若松
それは思います。私はバブル入社なので、周りの同期には、変わった者も多かったけれど(笑)。それに比べれば、今の学生のみなさんは、明らかに優秀で勉強もたくさんしている。でも、少し、現状に甘んじている人が多い気がします。

河村
TOTOは、これからどんどん世界に出ていこうとしています。その中で、自己実現したい、成長したいという意欲の高い熱い志を持った人、組織の歯車ではなくて、エンジンになりたいような人に、ぜひ、TOTOを受けてほしいんです。

木村
私は、入ってみて、ここまで熱い人がいたんだって驚きました。例えば、自分の友達や周りの人に対して、「うちは品質では絶対に負けない」と熱く語ってしまう人とか。

若松
TOTOはこれまで国内市場を優先してきたところがありました。だから、高い市場シェアの中でビジネスをやっていける人でよかったんだけれど、これからの目標はあくまでグローバル。いろんな状況で、いろんな考えの人と仕事をしていく。ベンチャーの社長になったくらいの心意気で、たとえ少数意見であったとしても「これは絶対に必要」と言える、強い想いを持った人が必要なんです。

安定というイメージと、実際のTOTOは少し違う。

――グローバルにシフトするから、熱い人がほしいということですか?

勝川
それだけではありません。確かに、グローバルな業務をしている社員も増えてきていると思うし、私自身、仕事で海外に何度も行っています。でも、熱い人を求める背景には、グローバル以外の理由もあります。それは、TOTOが扱う水回り製品の領域でも、市場、お客様のライフスタイル、技術やロジスティックスなど、いろいろな面で進化・変化のスピードが加速しているということ。その変化に応じて、どんどん新しい視点でチャレンジしていかなければなりません。

河村
TOTO=安定をイメージして、そのことを志望理由とする方も、実際たくさんいますけどね。そのイメージと、実際のTOTOは少し違うかもしれない。

木村
私も、就活を始めた時には安定イメージが強かったです。でも、企業研究をしていく中で、いろんな挑戦をしている会社なんだと分かってきました。

勝川
そうなんです。確かに安定感はありますが、同時に、常に先を見てチャレンジしている。これからますますそうなっていくでしょう。

河村
だから、これからのTOTOに必要なのは、若松さんが言うように、現状にとらわれず、周囲に反対されてでも挑戦しようという信念を持つ人なんですよね。さらに、周りを上手に説得し、巻き込みながら、会社や社会も変えるような大きなことを成し遂げてしまうような人かな。そういう人じゃないと、イノベーションなんて起こせないですからね。

多様な国と地域で、生活の質を高めるというグローバルな社会貢献。

――TOTOのグローバルな社会貢献とは?

河村
よく応募してくる学生の中に「貧困地域の水回りをよくしていきたい」と言ってくれる人がいます。しかし、難しいのは、TOTO製品は海外では高級品であるということ。TOTOの社会貢献とは、多様な国と地域で、世界最高レベルの節水技術が搭載された商品を広めることで、節水、CO2削減などグローバルな環境貢献を推進することなんです。

木村
そうですね。TOTOは、トイレ、シャワーなどの節水技術を通じて、年間11億m3という、地球規模での節水を実現しています。社員として、とても嬉しく、誇りに思いますね。


※2014年度の実績。1990年の性能のまま商品を普及させた場合との比較。

若松
何より、一人ひとりのお客さまに対して「買ってよかった」と言っていただける高品質の製品を提供することで、生活の質を高めている。TOTOのグローバルとか、事業の社会的意義って、そういうことにあるんです。

勝川
生活の質を高めていこうという意識は、非常に強い会社だと思います。技術開発のメンバーが、自分が開発した製品についてアフターサービスを担当し、お客さまから直接ご意見を伺う機会もあります。そういうことを、とても大切に考えて本気で取り組んでいる。

木村
技術職の方はより社会のためになるものをつくる気持ちで研究開発に取り組むし、営業職の方は、それをもっと広めていこうと思っている。私も、入社段階ではそこまでは思っていませんでしたけれど、入社後2週間の研修でTOTOの歴史を知ったり、仕事で組織の雰囲気を知るうちに、自分も志向するようになりました。

入社1年目でも、ここまで任されるんだ。

――TOTOの育成環境や制度について教えてください。

河村
TOTOには、熱い人、チャレンジ精神あふれる方の想いを受け止め、育てる環境があると思います。例えば、年次に関わらず、ちょっと背伸びしないとできない、自分が能動的に取り組まないと全体が動かないような仕事を与えられます。やっているときは大変だけれど、後で振り返ると、以前にはできなかったことができる自分に気づく、みたいな。

木村
すごく納得します。実際、私は、1年目から内定式を任されました。1年目は先輩に全てサポートしていただきましたが、2年目の今年は本当に推進リーダー役で、準備も当日も全てに責任を持って全体管理をしました。反省すべき点もたくさんあるけれど、確実に成長した実感があるし、自信も持てました。
私、入社1、2年はサポート的な仕事をするんだろうってイメージを勝手に持っていたんです。だから、ここまで任されるとは思ってなかった。同期と会って話すと「この人はここまで任されているんだ」って分かったりします。それでまた刺激を受けて、もっと頑張ろうと思うんです。

勝川
TOTOには、懸賞論文という制度もあります。毎年、社内でこういうことをやったらいいというアイデアを自由に論文に書いて提案できます。優秀なものはプロジェクト化され、発案者が推進していきます。名前だけの単なる制度じゃない。実際に実務として取り組んでいる人を、私も何人か見ていますから。

若松
研修制度も充実していますよね。基本的には本人の希望で受講できるから、活用すれば次の階層に必要な能力を身につけていける。また、社内公募制度もあって、新しい職場で新しい領域にチャレンジすることもできる。私も、新規事業立ち上げに参加を希望、異動した経験があります。

豊富な「器」を活かせるかは自分次第。

――学びや成長の機会は充実しているんですね。

若松
ただ、そんな制度や風土も、本人にやる気がなければどうしようもないんです。「器」があるとは自信をもって言える。ただ、それを活かすのは自分次第。

河村
そうですね。成長の機会を会社に与えてもらうという気持ちの人には、それではダメと言いたい。会社がどうしてくれるじゃなくて、自分で成長していくという意志を持ってほしいですね。

若松
学生時代から、社会で実現したい夢を持つのはとてもよいことだと思います。でも、まずは配属先でがむしゃらに頑張ることが大事じゃないかな。その中で、夢がブラッシュアップされるし、自分の実力もついて、会社の仕事を通して自分の夢がかなえられるようになっていきます。

いろいろな「自律人財」に出会える会社。

――それが、TOTOの言う「自律人財」でしょうか?

木村
そうだと思います。私は、入社時点で自律人財と言われてもピンと来なかったんです。「え、私、自立していないのかな?」みたいな。職場に配属されてですね、分かったのは。周りには、今、自分が何をしなきゃいけないか役割や仕事を自覚して、自ら行動を起こす先輩がたくさんいました。で、「あ、『自律人財』ってこういうことか」と。

河村
最初から「自律人財になれ」なんて言われても難しい。それに、配属は希望通りにならないこともあるし、仕事で任されることも多いとはいえ、1,2年目は雑務もやる。でも、そこで歯を食いしばることで、初めて社会や仕事のなかでの「やりたいこと」が見えてきます。だから、「まずは、がんばれ」というエールを送りたいですね。

勝川
自律人財と言っても、人それぞれに自律のスタイルがあるのだと思います。私は、最初研究部門に入って、そこにももちろん素晴らしい先輩がたくさんいました。でも、全社横断プロジェクトに参加すると、営業部門や事業部の企画の方など、研究開発と全く違った優れた先輩たちに出会ったんです。TOTOには、こんなにすごい人がたくさんいるんだってうれしかったし、感動したな。TOTOには、とても色々なタイプの尊敬できる先輩がいる。出会う機会も豊富だから、「こうなりたい」って思う人を見つけてお手本にできる。自分らしい自律人財を目指せる会社だと思います。

若松

理工学部 精密機械工学科卒、1991年入社
人財本部
人財開発センター 採用グループ 企画主査

勝川

工学部 材料学科卒、1996年入社
人財本部
人財開発センター 採用グループ

河村

経済学部 経済学科卒、2009年入社
人財本部
人財開発センター 採用グループ

木村

社会学部 社会学科卒、2014年入社
人財本部
人財開発センター 採用グループ

2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE