TOTOの特長

企業理念

TOTOは、企業理念の実現を目指す経営を行っています。
企業理念は、「社是」が伝えようとしている思想を基本とし、すべてのステークホルダーに対して、「企業としての存在目的」「事業領域」「在りたい姿」を示しています。
世界中のTOTOグループ社員で共有し、その実現を追及しています。

TOTOグループ企業理念

私たちTOTOグループは、社会の発展に貢献し、世界の人々から信頼される企業を目指します。

そのために
  1. 水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造します。
  2. さまざまな提案を通じ、お客様の期待以上の満足を追求します。
  3. たゆまぬ研究開発により、質の高い商品とサービスを提供します。
  4. 限りある資源とエネルギーを大切にし、地球環境を守ります。
  5. 一人ひとりの個性を尊重し、いきいきとした職場を実現します。

世界の暮らしを見つめる事業領域

3つの事業を軸に、真のグローバル企業へ

TOTOグループは、世界中のお客様に新しい「まいにち」を提供し、いつまでも必要とされ続ける「真のグローバル企業」となるために、「国内住設」「海外住設」「新領域」の3つの軸を中心に事業を行っています。

国内住設

新築およびリモデル需要に応えるレストルーム、バス、キッチンなど、水回りを中心とした商品を展開。さらに、公共施設向けにも、TOTOならではの節水・節湯・節電技術を搭載した環境負荷の少ないラインナップを用意。暮らしの根幹を支える、水まわりに関するトータル提案を行っています。

海外住設

TOTOの「成長のエンジン」として、日本で研究・開発されたTOTOの独自技術を搭載した水回り商品を世界のお客様へ提供しています。世界的な課題でもある環境保全にも真摯に取り組み、節水・節湯・節電品質に優れた環境負荷の少ない商品を提案。空間の雰囲気までふまえ、清潔で統一感のある水回りをトータルに提案しています。

新領域

【セラミック事業】
半導体・液晶製造分野や光通信分野において、衛生陶器で培ってきたオンリーワン技術を活かしたセラミック商品を生産・販売。

【環境建材事業】
光触媒を応用した環境浄化技術「ハイドロテクト」を使い、塗料・建材商品を展開しています。また、全世界で建築用外装材を扱う企業とライセンス・技術導入契約を締結するなど、幅広いビジネスを展開しています。

ものづくりへの想い

創業の想いを、技術やデザインに込める

創業当時からの想いを引き継ぎ、
一人でも多くの人が使いやすく、快適な水まわり空間をご提供するために、
水まわりのユニバーサルデザインの基盤づくりを推進。

「人間工学」や「感性工学」といった、使いやすさや快適性を実現する「人を見る」技術、「流体制御」「電子制御」「水の改質」といった、快適で清潔な機能を実現する「水を操る」技術、「表面制御」「素材・プロセス」「分析」などの、意匠性、防汚性、耐久性などを向上させる「素材を究める」技術を駆使。
環境にやさしく、すべての人が使いやすい魅力ある商品や技術を生み出し続けています。

暮らしを守り、地球環境を守る

暮らしに寄り添うTOTOだからこそできる環境貢献を

水資源の枯渇や地球温暖化が深刻さを増す今、
TOTOグループは、世界が抱える環境問題と真摯に向き合い、環境貢献活動をグローバルに進化させるべく、「TOTOグローバル環境ビジョン」を策定しました。
グローバルな視点で、ビジョンを実現していくために、2017年度までの「グローバル環境目標」を設定。節水、温暖化防止、資源の有効活用などについて、6つの取り組みテーマを掲げました。

今、改めて水資源を見つめなおし、毎日の暮らしの中で果たすべき役割を考えながら、環境貢献に取り組んでいます。

TOTOがグローバルで取り組む6のテーマ

1.水を大切に

  • 商品使用時 水消費量 7億m3削減(2005年度比 性能向上分)
  • 節水便器出荷率(4.8L以下) 国内 70% 海外 80

2.温暖化を防ぐ

  • 商品使用時CO2排出量 330万t削減(2005年度比 性能向上分)
  • 事業所からのCO2排出総量 35.2万t 施策によるCO2削減量 2.9万t(2013年度比)

3.資源を大切に

  • ゼロエミッションを推進する
    製造事業所でのリサイクル率 国内 99% 海外 90

4.地球を汚さない

  • 有害化学物質の発生抑制
    (国内)環境法令違反 0

5.生物多様性を守る

  • 生物多様性に配慮した原材料の使用
    (国内)商品に使用している木質材料の合法材・再生材の使用率100

6.地域社会のために

  • 各国、各地域のステークホルダーと協働して、
    環境に根ざした社会的課題・地域課題を解決する。
    全てのボランティア参加率 100%

TOTOの想いはグローバルへ

品質と想いで、世界の生活文化に貢献したい

TOTOグループは、世界18の国と地域で56の連結対象会社(国内29、海外27)を展開。「現地に根ざしたブランドとして浸透し、生活文化の向上に貢献する」ことで「真のグローバル企業」を目指しています。
現地では、それぞれの地域の生活文化をふまえた商品を開発・販売する体制を構築。TOTOの社是「良品と均質」「奉仕と信用」「協力と発展」を実践しながら、TOTOの技術を活かした機能と環境性能を持った商品の普及に取り組んでいます。

直営ショールームのほか、各国・地域に代理店ショールームを展開しています

世界で認められるTOTO品質

国際的なデザイン賞であるレッドドット・デザイン賞や
iFプロダクトデザイン賞等を受賞
展示会では、2015年3月にドイツのフランクフルトで開催された「ISH(国際衛生・冷暖房設備専門見本市)2015」、2016年6月には上海で開催されたアジア最大規模の水まわり設備の国際見本市「Kitchen & Bath China 2016」に出展。節水をはじめとするTOTO商品のベネフィットと、レッドドット・デザイン賞やiFプロダクトデザイン賞において毎年評価をいただく優れたデザイン性を、海外の多くのお客様にアピールしました。

さらなる海外市場の拡大に向けて

海外市場の拡大には、海外のお客様がTOTO商品に触れ、体感し、知っていただく機会を増やすことが重要です。現在、日本を訪れる外国人観光客は増加傾向にあり、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けさらなる伸張が見込まれます。
2015年4月、成田空港第2旅客ターミナル出国ロビーに開設した体感型トイレ空間「GALLERY TOTO」は、その第一歩です。「みんなが必ず使う」TOTO商品の心地良さを日本で体感し、日本のきれいなトイレ文化に触れていただき、帰国後に「日本で使ったようなトイレが欲しい」という需要を喚起する。そして、このサイクルが回る仕組みと、現地での購入・設置がスムーズに進められる受け皿をつくり、それぞれの国と地域に適した商品を企画する。そのため、各グローバル拠点の連携や商品のプラットフォーム化がますます重要になっていきます。
TOTOグループは、すべての地域で現地に根ざしたビジネスモデルを展開し、ブランドの認知・浸透からブランドの確立への着実なステップで、海外市場への開拓・拡大を図っていきます。

やりがい 〜世界へ誇る水回りのプロとして無数のやりがいがある〜

営業・企画職

TOTOブランドを活かしてお客様とともに喜びを感じられる

約100年にわたって積み上げてきた信頼とブランド力を活かして、お客様へのアプローチもスムーズに行えることが魅力のひとつ。お客様と真摯に向き合いながら、ビジネスを超えた人間味あふれる関係づくりを実践することができます。

社会全体を見渡しながら生活文化を変える提案ができる

誰もが、まいにち、何度も使う製品は、ビジネスだけでなく生活のすべての場面に欠かせません。水回りのプロとして、常に時代の変化を読み、既存の商流を超える新たな販売戦略を構築するための中核を担うことができます。

独自の技術力を武器にお客様の課題を解決できる

TOTOの商品の背景には、節水、耐久性、使いやすさなど、圧倒的な技術力があります。それらの強みを武器に、取引先の経営課題を共に考え、解決策を提案するコンサルティングを行うなど、幅広く実力を発揮する機会があります。

TOTOの強みでもあるリソースと「仕事にかける想い」が、大きな「やりがい」につながります。

技術職

独自技術にふれながらさまざまな対応力が身につく

自分の専攻だけでなく、TOTOが持つ流体制御や人間工学をはじめ、幅広い技術に触れながら、オンリーワンのものづくりに携わることができます。また、研究職から開発職へなど、さまざまなキャリアパスを歩むことで、技術者としての幅を広げられることも特長です。

お客様に届く瞬間まで見通して研究・開発できる

ものづくり全体の流れをふまえ、お客様の手に届く瞬間までを俯瞰しながら、自分の想いを込めた製品づくりを行うことできます。製造・販売まで見通した研究・開発は、エンジニアの大きなやりがいになると同時に、使いやすさの本質を捉えた技術力が身につくはずです。

社会貢献事業としての達成感が得られる

TOTOは「まいにち使うもの」「みんなが使うもの」を通して、日々の暮らしを根底から支えています。約100年にわたって生活に不可欠な製品をつくり続けているからこそ、大きな責任感とともに大きなやりがいを感じることができます。

TOTOの独自技術、社会貢献の達成感、開発の全てを見渡せる環境の3つ要素が互いに作用し合い「やりがい」が生まれます。
2018採用エントリーはこちらから
Share

CLOSE