TOTO
日本建築の形Ⅰ
 
日本建築の形Ⅰ
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
発行年月=2016年9月
体裁=B4判変型(267×350mm)、上製、400頁、和英併記
ISBN=978-4-88706-361-7

デザイン=工藤強勝

定価=本体18,000円+税
伝統建築の美と技を余すところなく表現した決定版!
TOTO出版は、『日本建築の形Ⅰ』を2016年9月21日(水)に発行しました。
建築家である齋藤裕氏が、古代から近代初頭にいたるまで各時代の最高峰の日本建築を、長年の歳月をかけて撮影した大型写真集。本書は2巻シリーズの1巻目となります。

第1巻は伊勢神宮から始まり、飛鳥・奈良・平安・鎌倉時代を主とした古代から中世初めにおける19社寺・29の建造物を収録。

世界最古の木造建造物・法隆寺をはじめ、天平時代を代表する正倉院、唐招提寺金堂、平安の華麗な貴族文化を象徴する平等院鳳凰堂、神社最古の遺構・宇治上神社、さらには中世の新たな時代の息吹を象徴する東大寺や重源(ちょうげん)の傑作・浄土寺浄土堂など、きわめて貴重な建築遺産の数々が、建築家ならではの明快かつ独自性のある視点で撮影され、豊富な写真で紹介されています。

和英併記のテキストでは、各建造物が成立した歴史的背景や特徴、見どころについて、解説ページと詳細な写真キャプションでわかりやすく説明され、従来にない深度と情報量をもって、日本建築の魅力と価値を余すところなく表わしています。

まさに日本建築の真髄をとらえた、心揺さぶられる 一冊です。
立ち読み
プロフィール
齋藤 裕(さいとう ゆたか)建築家
1947年  北海道小樽市生まれ
             独学で建築を学ぶ
1970年  齋藤裕建築研究所を設立
1986年  日本建築家協会新人賞を「るるるる阿房」で受賞
1992年  吉田五十八賞を「好日居」で受賞
1993年  東京アートディレクターズクラブ・原弘賞を『ルイス・バラガンの建築』で受賞
1998年  日本建築学会・北海道建築賞を「曼月居」で受賞
2000年  日本建築学会・学会賞および作品選奨を「曼月居」で受賞

建築作品集に、『齋藤裕の建築』(TOTO出版 1998年)、『現代の建築家シリーズ 齋藤裕』(鹿島出版会)がある。
また、写真を媒介として建築空間を探求し、写真集を出版する。
既刊写真集に、
『ルイス・バラガンの建築』(TOTO出版1992年/メキシコ・ノリエガ出版1994年/TOTO出版・改訂版1996年)、
『フェリックス・キャンデラの世界』(TOTO出版1995年)、
『建築の詩人 カルロ・スカルパ』(TOTO出版1997年)、
『カーサ・バラガン』(TOTO出版2002年)、
『ルイス・カーンの全住宅:1940-1974年』(TOTO出版2003年)
『ヴィラ・マイレア/アルヴァ・アールト』(TOTO出版2005年)、
『AALTO:10 Selected Houses アールトの住宅』(TOTO出版 2008年)がある。
そのほかに、エッセイ集『STRONG』(住まいの図書館出版局 1991年)、対談集『建築のエッセンス』(A. D. A.EDITA Tokyo 2000年)が出版されている。
目次

日本建築の形―祈りの空間 文:齋藤 裕

伊勢神宮
法隆寺 金堂・五重塔・ 廻廊
正倉院 正倉
唐招提寺 金堂
新薬師寺 本堂
元興寺 極楽坊禅室
室生寺 五重塔・金堂・灌頂堂
醍醐寺 五重塔
三徳山三佛寺 奥院(投入堂)
平等院 鳳凰堂
法界寺 阿弥陀堂
宇治上神社
嚴島神社
春日大社 摂社若宮神社
高山寺 石水院
石山寺 多宝塔
興福寺 北円堂・東金堂・三重塔
浄土寺 浄土堂
東大寺 金堂
東大寺 南大門
東大寺 法華堂
東大寺 大湯屋
東大寺 二月堂

掲載建造物データ
注・参考文献
謝辞
著者紹介

関連書籍
齋藤裕
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美 
齋藤裕
写真・著=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
著者=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
著・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
齋藤裕
写真・著=齋藤裕
編集=淵上正幸、三輪直美
齋藤裕
監修・著=齋藤裕
編集=三輪直美