TOTO
小さな矢印の群れ
 
小さな矢印の群れ
「ミース・モデル」を超えて
TOTO建築叢書4
著者=小嶋一浩
発行年月=2013年11月
体裁=四六判(128×188mm)、並製、196頁
ISBN=978-4-88706-339-6

ブックデザイン=中島英樹(中島デザイン)

定価=本体1,400円+税
雑木林的空間をもつ建築へ
本書は、建築家であり、教育、研究に携わる小嶋一浩氏自らが生み出した建築の概念「開いた場的モデル」とは何かを説いた一冊です。

20世紀の箱型建築「ミース・モデル」は、建築を外部から切り離し、密閉することで内部空間の環境をコントロールできるため、技術の発達とともに、地域性に関わらずどこでも成立し、量産されてきました。氏はこの状況こそが現代においては建築の閉塞感を強めているのではないかとの疑問を投げかけ、より「開いた場」こそが建築に求められているとして、思考と実践を続けています。
そのために現代のコンピュータによる解析技術を駆使して、空気、光、人などの流れを〈小さな矢印(→)の群れ〉としてとらえ、建築空間を流動するたくさんの〈小さな矢印〉から空間の構成を考えることによって、外部環境が建築内にすべり込み、まるで雑木林の中を散策するように、さまざまな人々に対応する快適な空間の実現を目指しています。

本書は、氏が長年教鞭を執ってきた大学で行なった数多くの国や地域でのサーベイと、実際の設計活動を通して、「ミース・モデル」に対向する「開いた場的モデル」を生成するためにはどのような方法が有効かをまとめた内容となっています。
立ち読み
プロフィール
小嶋一浩 Kazuhiro Kojima
1958年、大阪生まれ。京都大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修士課程を経て、同大学博士課程在籍中の1986年にシーラカンス(1998年シーラカンスアンドアソシエイツ、2005年よりCAtに改組)を共同設立、パートナーとして国内外で数多くのプロジェクトを実現している。東京大学助手を経て、1994年〜2004年東京理科大学助教授、〜2011年教授ののち、2011年より横浜国立大学大学院/建築都市スクール Y–GSA教授。

主な受賞に、1997年日本建築学会賞(作品部門)「千葉市立打瀬小学校」、2003年日本建築学会作品選奨「宮城県迫桜高校」・2004年「ビッグハート出雲」・2009年「千葉市立美浜打瀬小学校」など、2002年ARCASIA建築賞ゴールドメダル「スペースブロック上新庄」、2007年日本建築家協会賞「ぐんま国際アカデミー」、2009年Global Holcim Awards Silver「Ho Chi Minh City University of Architecture」、2013年村野藤吾賞、2011年AACA(日本建築美術工芸協会)賞「宇土市立宇土小学校」など多数。 主な著書に『CULTIVATE』(共著、TOTO出版、2007)、『空間練習帳』(共著、彰国社、2011)など。

目次

はじめに
第1章 〈小さな矢印〉が自在に動く場所を、建築を通してどう生み出せるのか?
第2章 黒と白
第3章 Fluid 流れるもの
第4章 Cultivate 耕すように建築する
第5章 自然・集落・都市 20世紀の前と後
第6章 雑木林的:空間の問題として
第7章 〈小さな矢印の群れ〉から〈白の濃淡〉へ
あとがき

関連書籍
小嶋一浩
監修=内藤廣、原研哉
編集=TOTOギャラリー・間
著者=内藤廣、原研哉、槻橋修、原広司、小野田泰明、青木淳、中田千彦、小嶋一浩、藤村龍至、妹島和世、隈研吾、山本理顕、伊東豊雄
小嶋一浩
著者=小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt
小嶋一浩
監修=田尻裕彦、石堂威、小巻哲、寺田真理子、馬場正尊
登場建築家=青木淳、塚本由晴、阿部仁史、石山修武、磯崎新、伊東豊雄、岸和郎、隈研吾、小嶋一浩、篠原一男、妹島和世、曽我部昌史、千葉学、太田浩史、内藤廣、西沢立衛、長谷川逸子、原広司、藤本壮介、藤森照信、槇文彦、松原弘典、山代悟、山本理顕、吉村靖孝
小嶋一浩
編者=吉田研介
登場建築家=内藤廣、北山恒、新井清一、小嶋一浩、妹島和世、鈴木了二、坂茂
小嶋一浩
著者=シーラカンス(伊藤恭行、宇野享、工藤和美、小泉雅生、小嶋一浩、三瓶満真、日色真帆、堀場弘)
企画・編集=ギャラリー・間
小嶋一浩
企画・編集=ギャラリー・間
登場建築家=阿部仁史、小川晋一、片木篤、隈研吾、シーラカンス、妹島和世、竹山聖、團紀彦、トム・ヘネガン、松岡恭子+王大君
TOTO建築叢書
TOTO建築叢書1
著者=三宅理一
TOTO建築叢書2
著者=岸和郎
TOTO建築叢書3
著者=小野田泰明
TOTO建築叢書4
著者=小嶋一浩
TOTO建築叢書5
著者=面出薫
TOTO建築叢書6
著者=北山恒
TOTO建築叢書7
著者=難波和彦