TOTO
28の主題 迫慶一郎の建築
 
28の主題 迫慶一郎の建築
著者=迫慶一郎
発行年月=2007年12月
体裁=A5判(148×210mm)、並製、160頁
ISBN=978-4-88706-288-7

デザイン=折原滋

定価=本体1,400円+税
中国を足がかりに疾走し続ける迫慶一郎の超「現実」主義
本書は、中国を拠点に活躍する日本人若手建築家、迫慶一郎氏の初めての建築作品集です。迫氏は、北京の巨大集合住宅「建外SOHO」を山本理顕氏の設計事務所スタッフとして担当し、巨大プロジェクトがものすごいスピードで実現される中国に魅了され、2004年北京に事務所を設立しました。以来わずか3年あまりの間に、内装設計から街を丸ごと設計するような巨大プロジェクトまで、全28作品を手がけています。

本書では、竣工間近の「北京ラチス」の現場状況や、2007年11月中旬に竣工した「バルセロナ・イマジナリウム」など、中国を足がかりに日本・韓国・スペインにまで「実現」し続けている迫氏の多彩な建築の魅力を紹介いたします。
プロフィール
迫慶一郎(Sako Keiichiro)建築家
1970
福岡県生まれ
1994
東京工業大学卒業
1996
東京工業大学大学院修士課程修了
1994-2004
山本理顕設計工場
2004
SAKO建築設計工社設立
2004-05
コロンビア大学客員研究員
文化庁派遣芸術家在外研修員
目次

巻頭論文 「主題」へ
2003  広尾T
2004  南大門センターコース
2004- 金華キューブチューブ
2004  北京フェリシモ
2004  千島湖チューブハウス
2005  東京湾岸ストレージ
2005- 07 済南ストライプス
2005- 済南オーガニゼイション
2005  明洞セルバフォンテ
2005  北京ポプラ
2005- 08 済南レイヤーズ
2005- 08 北京バンプス
2005- 07 北京ラチス
2006- 天津シリンダーズ
2006- 天津コラムナーシティ
2006  光華路SOHO
2006  杭州ロマンチシズム
2006- 07 金沢ビーンズ
2006- 済南キューブズ
2006- 天津ヴァレー
2006  北京フェリシモ2
2006- 08 北京ブリオン
2006- 08 北京モザイク
2006- 07 杭州ロマンチシズム2
2006- ウェイ坊スイング
2007  バルセロナ・イマジナリウム
2007- 08 富山カラーズ
2007  唐山クレインパーク
作品データ
プロフィール

関連書籍
A5判作品集(国内)
著者=五十嵐淳
A5判作品集(国内)
著者=手塚貴晴+手塚由比 
写真=木田勝久
A5判作品集(国内)
著者=千葉学
A5判作品集(国内)
著者=手塚貴晴+手塚由比 
写真=木田勝久
関連展覧会