TOTO
水とごみの環境問題[新装改訂]
 
水とごみの環境問題[新装改訂]
監修=岡田誠之
著者=伊与亨、岡田誠之、小川雄比古、田所正晴、森田昭、吉野常夫
発行年月=2007年7月
体裁=A5判(148×210mm)、並製、288頁
ISBN=978-4-88706-282-5

デザイン=緒方裕子(緒方デザインルーム)

定価=本体2,200円+税
身近な暮らしの水とごみ――そこからひも解く環境問題
環境問題は、大学や研究施設で研究させる特別な学問ではなく、私たちが生きていくうえで正面から取り組んでいかなければならない重要な問題となっています。本書は、私たちの生活から切り離すことのできない“水”と“ごみ”という2つの視点から環境問題に迫ります。

水が水源から海に流れつくまでの営みのなかで、私たちはどう水と関わっているのでしょうか。日々排出しているごみはどのように処理され、環境にはどんな影響をおよぼしているのでしょうか……。その処理の仕組みから、歴史、生活、環境、資源、法律といった領域までを、各分野の専門家が分かりやすく解説します。

本書は『水とごみの環境問題』(1995年刊行)、『新 水とごみの環境問題』(1998年刊行)の新装改訂版です。この10年で一般化してきたリサイクル関連の法律やバイオマス利用、普及してきたディスポーザーによる生ゴミ処理などの最新情報を網羅した満を持しての刊行となりました。

多くの図表により基礎的な知識が体系的に身につき、“水”と“ごみ”の視点から環境について考えるきっかけとなる一冊です。
監修者・著者紹介
監修者
岡田誠之(おかだ せいし)

東北文化学園大学大学院健康社会システム学科教授
兼任化学技術学部住環境デザイン学科教授

著者
伊与亨(いよ とおる)

北里大学医療衛生学部専任講師
小川雄比古(おがわ たけひこ)
(財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所特別研究員
田所正晴(たどころ まさはる)
神奈川県環境科学センター専門研究員
森田昭(もりた あきら)
(財)日本環境衛生センター課長
吉野常夫(よしの つねお)
北里大学医療衛生学部専任講師
目次

1章 水とごみと地球環境
 水資源の状況/ごみ環境の現状/地球環境問題
2章 水とごみに関する法律
 水の基準の概要/水道水の水質基準/水の環境基準,排出基準,地下水水質基準/ごみ関連法律/土壌の基準/環境影響評価法/建築物における衛生的環境の確保に関する法律
3章 環境衛生の歴史
 上水の歴史/便所の歴史/下水道の歴史/浄化槽の歴史/ごみ処理の歴史
4章 水の処理
 水処理/上水/建物内の水/ディスポーザー/下水/浄化槽/排水の有効利用/し尿の処理/汚泥処理
5章 ごみ
 ごみ処理の原理/ごみの減量化とリサイクルシステム/有機性資源(バイオマス)の有効利用
6章 身近にできる環境負荷削減対策
 ごみの発生抑制/水/地球温暖化

*ほか、環境問題理解を深めるためのコラム
 基本用語集

関連書籍
第2版
編著者=岡田誠之
著者=石原光倫・伊与亨・小川雄比古・竹田茂・田所正晴・森田昭・吉野常夫
第1版
編著者=岡田誠之
著者=石原光倫・伊与亨・小川雄比古・竹田茂・田所正晴・森田昭・吉野常夫