TOTO
アスプルンドの建築 1885–1940
 
アスプルンドの建築 1885–1940
2刷
写真=吉村行雄
文=川島洋一 
発行年月=2005年8月
体裁=B5判変型(190×250mm)、上製、272頁、和英併記
ISBN=978-4-88706-257-3

デザイン=太田徹也

定価=本体4,000円+税
秘められていた北欧モダニズムの世界。
ル・コルビュジエやミース・ファンデル・ローエと同時代を生きた北欧の近代建築の巨匠エーリック・グンナール・アスプルンド。本書は、20世紀初頭に建築・芸術の様式がさまざまに移り変わったスウェーデンにおいて、近代という課題に自身の回答を出し続けながらも、スウェーデンらしさをどのように表現するかということを生涯模索した建築家の活動を、写真・図面・ドローイングなどの資料と共に紹介する一冊です。過去を捨て去り、近代にまい進した西欧に対し、伝統を踏襲しつつも新しい時代の精神を反映させたアスプルンドの建築は、どの作品にも心地よい空間が実現しており、時代を超えた根源的な人間への深い洞察が込められた建築表現にあふれています。特に、彼が生涯にわたって設計を行った、「森の火葬場」(ユネスコの世界遺産)は息子の死によるアスプルンドの死生観が表れた作品であり、人間の情緒や心理に根ざし、人と環境と建築のかかわりを表現した傑作です。本書には、そのほかにも「ストックホルム市立図書館」「スカンディア・シネマ」「イェーテボリ裁判所」「国立バクテリア研究所」や、これまであまり紹介されてこなかった「スネルマン邸」「夏の家」など、住宅を含めた主要11作品の鮮やかな写真を収めています。

写真はアスプルンドの作品を20年余りにもわたり撮り続けてきた建築写真家、吉村行雄によるもので、アスプルンドがこだわったランドスケープからディテールの数々までをくまなく収めています。またアスプルンドの研究家、川島洋一によるテクストが建築家アスプルンドの生涯と作品の関係を浮かび上がらせます。さらにアスプルンド財団、ストックホルム建築博物館所蔵の貴重な図面・ドローイングを収録し、アスプルンドが設計過程で何を考え、つくろうとしたかを手の跡からも考察しています。
アスプルンド略歴
1885
9月22日 スウェーデン・ストックホルムに生まれる。
1905-09
王立工科大学建築学科で学ぶ。
1909-10
L.I.ヴァールマンの設計事務所で働く。
1910
王立芸術大学に入学したが、すぐに仲間と共に退学。
1910-11
仲間5人と共に「クララ・スクール」を設立し、一線級の建築家の指導で建築を学ぶ。
1912-13
独立した設計活動を開始し、5つの設計コンペに入賞。
1913-14
パリとイタリアを視察旅行。
1915
「ストックホルム南墓地」コンペにレヴェレンツと応募し1等を受賞。
1917-20
アーキテクトゥール誌の編集長を務める。
1918
イェルダ・セルマンと結婚。
1920
長男ウッレが逝去。
1928-30
ストックホルム博覧会の主任建築家に任命される。
1931-40
王立工科大学建築学科教授。
1930
イングリッド・クリングと再婚。
1940
10月20日 心臓発作のためストックホルムで逝去。
プロフィール
吉村行雄/よしむらゆきお
建築写真家。
1946年大阪府生まれ。1971年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、竹中工務店入社/設計部、本社広報を経て現在設計本部部長。1998年ニューヨーク、2001年ストックホルムにて個展を開催。国内では個展・グループ展、講演会を多数開催。主な写真集に、『Light/Space/Architecture スウェーデンの近代建築』、『TAKENAKA-A book of Buildings』、私製『建築カレンダー』などがある。北欧文化協会正会員、北欧建築・デザイン協会会員、日本建築写真家協会会員。
川島洋一/かわしまよういち
建築家・建築史家
1962年 大阪府生まれ。1988年 千葉大学工学部建築学科卒業。1989-90年 および92-93年 スウェーデン国立ルンド大学大学院留学。1997年 京都工芸繊維大学大学院博士後期課程修了 博士(学術)。1996-98年 日本学術振興会 特別研究員PD。1999年 川島洋一建築研究所設立。国立石川高専建築学科 助教授を経て、現在 福井工業大学工学部建設工学科 助教授。主な共著書として、『建築史論聚』(2004年/思文閣出版)、『作家たちのモダニズム』(2003年/学芸出版社)、『Light/Space/Architecture スウェーデンの近代建築』(2001年)、『近代建築史』(1998年/昭和堂)、『ヨーロッパ建築史』(1998年/昭和堂)。
コンテンツ

■序 居心地の良い空間を撮る 吉村行雄
■アスプルンド 生と建築 川島洋一
■アスプルンドの仕事場 ―― 元所員、学生、仕事仲間に聞く クリスティーナ・エングフォーシュ
■作品紹介
 森の礼拝堂/森の墓地
 森の火葬場/森の墓地
 カールスハムンの中学校
 スネルマン邸
 リステール州裁判所
 スカンディア・シネマ
 カール・ヨーハン学校
 ストックホルム市立図書館
 イェーテボリ裁判所増築
 国立バクテリア研究所本館
 夏の家
■作品リスト
■略歴
■クレジット

関連書籍
B5判変型作品集(海外)
著者=クリスチャン・ケレツ
B5判変型作品集(海外)
監修=ビジョイ・ジェイン+ジョセフ・ファン・デル・ステーン
編集=TOTO出版
協力=スタジオ・ムンバイ
B5判変型作品集(海外)
著者=奥佳弥
写真=キム・ズワルツ
B5判変型作品集(海外)
監修協力=グレン・マーカット
著者=マリアム・グーシェ、トム・ヘネガン、キャサリン・ラッセン、勢山詔子
写真=アンソニー・ブローウェル
B5判変型作品集(海外)
監修協力=グレン・マーカット
著者=マリアム・グーシェ、トム・ヘネガン、キャサリン・ラッセン、勢山詔子
写真=アンソニー・ブローウェル
B5判変型作品集(海外)
著者・写真=齋藤裕
編集=三輪直美
B5判変型作品集(海外)
編集=TOTO出版
B5判変型作品集(海外)
写真・著=齋藤裕  
B5判変型作品集(海外)
写真・著=齋藤裕
編集=三輪直美