浴室

バスルームは、浴槽への出入りや洗いやすさについての配慮も必要です。一つひとつの動作と困っていることを考えて、使いやすい商品を選びましょう。

ポイント1:転倒防止の配慮(入退室・移動サポート)

  • 入り口に段差があって不安

浴室への出入りの際につまずかないように段差を解消

浴室すのこ(カラリ床)

段差をなくしてフラットにすると安心です。

インテリア・バー(オフセットタイプ)

手すりを設けると浴室への出入りが安定します。

  • ドアが狭くて、介助者が一緒に入りづらい

浴室のドアは、介助者と一緒に入ったり、車いすのまま入れる間口が広いタイプがおすすめ

段差解消3枚引戸

広い間口の扉なので、介助者と一緒に、車いすのまま入れます。

  • 床が滑って転びそうになる
  • 支えがないとひとりで歩くのは不安

手すりの設置

インテリア・バー(Iタイプ)

手すりにつかまりながら、伝い歩きできるので、滑りを軽減できます。

  • ベッドから浴室まで行くのに介助が必要

そのまま浴室に入れる車いすを選定

水まわり用車いす

そのまま浴室に入れる車いすを使うと介助がスムーズに。

ポイント2:浴槽からの出入りを工夫(立ち座りサポート)

  • またぐ時バランスをくずしやすい
  • 浴室から立ち上がるのはつらい

出入りをサポートする手すりの設置

インテリア・バー(Iタイプ)

つかまりながらバランスを取るとラクに。

インテリア・バー(Lタイプ)

手すりを付けて立ち上がりをサポート。

  • 立って入ると体が安定しない
  • 浴槽への出入りの介助が大変

出入りをサポートするバスリフトやトランスファーボードも選定

バスリフト

浴槽での立ち座りがラクに。
入浴介助の負担も軽減します。

トランスファーボード

いったん腰掛けて浴槽に入れる移乗台です。

  • 浴槽の底が滑る

浴槽内での滑りを防ぎます

すべり止めマット

浴槽の底に敷き、出入り時や入浴中の滑りを止め、安定した姿勢を保つのに役立ちます。

ポイント3:洗体動作を配慮(姿勢・座位保持サポート)

  • 洗い場での姿勢がつらい
  • 洗い場でも介助が必要

使いやすい洗い場にする

洗面器置台

使いやすい高さに設置すると無理のない姿勢で身体が洗えます。

シャワーチェア

座面を高くすると立ち座りがしやすくなります。

水まわり用車いす

浴室まで移動し座ったままでシャワー浴ができます。