S・SBが提案する3つの特長

ノズルきれい(特許 5093762 ウオシュレットS2AJ,S2J,S1AJ,S1J)

「ウォシュレット」使用前後に水でノズルを洗浄する「セルフクリーニング」に加え、トイレ使用後「きれい除菌水」が、ノズルの内側も外側も自動で 洗浄・除菌。使用していないときも定期的に洗浄することで、ノズルのきれいが長持ちします。

  • ※イメージです。

  • ※ 試験機関:(一財)日本食品分析センター(ノズル表面全体 および通水路・便器ボウル面の便器洗浄部) 試験方法:除菌効果試験 除菌方法:電解した水道水により洗浄 対象部分:ノズル表面全体および通水路、便器ボウル面の便器洗浄部 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)

ノズルきれい 動画

※機種によって形状が異なります。

きれい除菌水

「きれい除菌水※1」は水※2に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる、除菌成分(次亜塩素酸)を含む水です。薬品や洗剤を使わず、水から作られます。時間がたつと、もとの水に戻る※3ので、環境にやさしいのが特長です。

  • ※1 試験機関:(一財)北里環境科学センター 試験方法:電解水の除菌効力試験 除菌方法:電解した水道水と菌液を混合し除菌効果を確認 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません) 効果効能:「きれい除菌水」は、汚れを抑制するもので清掃不要になるものではありません。使用・環境条件(水質や対象物の材質・形状など)によっては、効果が異なります。水道水を除菌したという意味ではありません。
  • ※2 水道水および飲用可能な井戸水(地下水)です。
  • ※3 試験機関:(一財)日本食品分析センター
  • ※4 試験機関:(一財)日本食品分析センター(ノズル表面全体および通水路・便器ボウル面の便器洗浄部)、(一財)北里環境科学センター(においきれいカートリッジ) 試験方法:除菌効果試験 除菌方法:電解した水道水により洗浄(ノズル表面全体および通水路、便器ボウル面の便器洗浄部)、電解した水道水により洗浄した後5時間ファンを作動(においきれいカートリッジ) 対象部分:ノズル表面全体および通水路、便器ボウル面の便器洗浄部、においきれいカートリッジ 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)
  • ※5 試験機関:(一財)日本食品分析センター、(株)東レリサーチセンター
  • ※6 試験機関:(一財)日本食品分析センター

「きれい除菌水」 動画

※機種によって形状が異なります。

プレミスト

自動で便器にミスト(水)をふきかけて、水のクッションを作ります。便器表面をツルツルにする「セフィオンテクト※1」との相乗効果で、便器を汚れから守ります。

  • ※イメージです。
    ※噴霧範囲は機種により異なります。

  • ※1 撥水性や防汚性のある洗剤・表面コート剤・芳香洗剤などを使用した場合は、セフィオンテクトの効果が十分発揮できなくなります。

クリーン樹脂 (特許 5459514)

「ウォシュレット」の便座とノズルには、防汚効果の高いクリーン樹脂を採用。汚れをはじくから、汚れてもサッとひとふきでお掃除できます。

クリーン樹脂 動画

トイレ

腰掛便器
便座
小便器
手洗器
アクセサリー
関連商品
Share

CLOSE