特長:節水・節電

エコロジー

  • 先進の節水・節電技術を搭載。いつもどおり使っているだけで、いつの間にかエコできます。

超節水機能:洗浄水量1/3の”超節水”を実現

  • ネオレストは1回当たりの洗浄水量わずか3.8Lの超節水を実現(床排水の場合。壁排水は4.8L)。毎日ふつうに使っているだけで、簡単にエコできます。

    AH・RH・DHタイプ(床排水):大3.8L、小3.3L(3.0L※2)/回
    AH・RH・DHタイプ(壁排水):大4.8L、小3.6L(3.4L※2)/回

    ●洗浄水の使用量:従来品13L/回
    ●試算条件(2015年11月現在):家族4人(男性2人、女性2人)
     大1回/日・人、小3回/日・人※3 水道料金=265円(税込)/㎥。※4
    ※1 1987-2001年商品(C720R)
    ※2 eco 小ボタン使用時。男子小用時(立ち姿勢)のオート便器洗浄
     (DH除く)のみ。
    ※3 「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
    ※4 (一社)日本バルブ工業会より
    ※消費税率8%で試算しています。

ハイブリッドエコロジーシステム (特許 4110578)


  • ※イメージです。


  • 水圧に左右されない「タンク式」と、タンクレスでコンパクトな「水道直圧式」の長所をあわせ持つ独自の洗浄技術。低水圧のマンションや高台にも設置できます。

eco小ボタン

  • 男子小用時やお掃除など、ペーパーを流さない場合に。通常の小洗浄に比べて節水することができます。
    ※壁排水3.4L

瞬間暖房便座:使う時だけあたためて、ムダな電力を低減。(AH2W・RH2W のみ)


  • ※イメージです。


    センサーが人の動きを検知し、使用するときだけ便座をあたためます。待機時の保温電力を抑えることで、年間の電気料金を大幅に節約できます。


    ※温度上昇の目安:約6秒で便座を約26℃まであたためます(室温約5℃の場合)。 室温が約22℃以下の場合、約22℃で便座を保温しています。


  • ※2012年度省エネ基準に基づいて試算


  • ※1 1997-2009年商品(TCF771)
    ※2 タイマー節電機能は、省エネ法に基づいて一般家庭でのタイマー平均使用時間と使用率で算出しています。
    ※3 スーパーおまかせ節電を使用した場合の使用実態調査に基づく平均的な値(TOTO 調べ)。
    ※消費税率8%で試算しています。
    ※電気料金および料金単価は、こちら

RHタイプは、さらに高い「節電性能」

寒い冬でも便座と便ふたのダブルで保温するから熱を逃さず節電できます。また、瞬間暖房便座タイプも品揃え。さらに高い節電性能が実現できます。

  • ダブル保温便座(RH1・RH2Wのみ)

    便座と便ふた両方に断熱材を内蔵し、便座を挟み込むようにダブルで保温します。

  • 節電性能の違い

    ※試算条件・その他電気料金についてはこちら

  • タイマー節電

    一度設定すると、毎日同じ時刻に便座のヒーターなどを自動的に切ります。節電時間は6・9時間から選択できます。

  • おまかせ節電(AH2W・RH2Wを除く)

    トイレの使用頻度を記憶し、使用が少ない時間帯は便座の温度を自動的に下げて節電します。
    ※環境への配慮として、おまかせ節電は「入」で設定し、出荷しています。

  • スーパーおまかせ節電

    トイレの使用頻度を記憶し、全く使用しない時間帯は便座のヒーターを自動的に切ることで、さらに節電します。

※機種により機能は異なります。詳しくは、機能比較一覧をご覧ください。

特長