開発者が語る機能誕生秘話

「きれい除菌水」
実用化への道

「きれい除菌水」実用化への道

機能材料開発グループ※
濱北明希

「きれい除菌水※1」で便器とウォシュレットノズルを洗浄・除菌※2するネオレスト&アプリコット。この画期的な「きれい除菌水」機能の開発を担当したひとりが入社6年目の濱北明希。

今以上のキレイのために。
着眼したのは、“除菌”

「きれい除菌水」の発想のはじまりは、1万人以上の「お客様の声」アンケートの中で散見される「洗浄ノズルの汚れ・清潔性」を不安視する声からだった。「抗菌ノズル、ノズル洗浄、セフィオンテクト・・・。TOTOのトイレはここまで清潔にこだわっているのに・・・と最初は少々驚きでした。でも女性の立場からするとこういう細かいところまで"本当に大丈夫!?"って不安な気持ちを持つことも、妙に納得できたんですよ(笑)。」

ウォシュレットは身体に直接触れる商品。特に女性は男性よりも一日の利用回数が多い。トイレ掃除も女性が担っていることが大半であることを鑑みると、トイレの汚れを一番よく知る女性ならではの疑念ともいえる。そんな呟きを見逃さなかったのも女性開発者であったからなのかもしれない。

そしてこれまでトイレの歴史の中で誰も手を伸ばすことのなかった、まさかの領域への検討がはじまる。そう、それが「菌をも洗うトイレ=除菌するトイレ」だ。

“おしり”を洗うウォシュレットが、
ついに“便器”も洗う

汚れのメカニズムの根源は、目に見えない菌。ならばその菌を元から断ち、誰もが安心して使える究極のきれいトイレを作らなければならない。

「お客様に完全に納得してもらうためには、もうこれまでの"キレイ"という概念を超えるしかないって思ったんです。」

この前代未聞の命題に対して、社内のさまざまな部署を巻き込んでの検討・検証の日々が繰り返された。そして濱北らは、「きれい除菌水※1」というひとつの答えにたどり着く。「その除菌力を目にしたとき、これはいけると思いましたね。」

こうしてはじまった
「きれい除菌水」実用化への道。

まず濱北が着手したのは、水道水の調査だった。
「地域によって水質はバラバラ。日本全国の水道水で除菌水を作れるかどうか調査する必要がありました。」他部門の協力も得て、集められたサンプルは約170。濱北のデスクはペットボトルで埋め尽くされた。「正直、数の多さにびっくりしましたね(笑)。そこからはもう毎日水質の調査でした。」

解決すべき問題は他にもあった。 「しっかりと除菌するためには、そもそも使用後に残る菌や汚れをできるだけ少なくしておくことが重要でした。そこで使用前にも除菌水を噴霧(プレミスト)することにしたのですが、どれだけ菌や汚れ残りを抑制できるのか、その効果を検証するために、実験方法から新たに考えて・・・。」 来る日も来る日も繰り返す実験と便器の観察。

「ただただ究極のきれいトイレをつくりたい。それ一心でした。」

そして、ついに「除菌するトイレ」が商品化されることになる。いわば「おしりだけでなく便器も洗うウォシュレット」の誕生。それは、"キレイ"を超える扉が開いた瞬間でもあった。

「まだ、夢の途中…
トイレの進化はまだまだ続きます。」

これまでの"キレイ"という概念を超えた「除菌するトイレ」、ネオレスト&アプリコット。ここには使う人の安心にとことんこだわった濱北らの思いが凝縮されている。例えば、ノズルの洗浄・除菌動作もその一つだ。

「ネオレスト&アプリコット※3はノズルを洗っているところも見えるんですよ。目的は清潔さを伝えることなので、見えるという安心感も重視しました。やはり安心して使っていただきたいですからね。」

だが、それでも濱北はまだまだ完璧ではないと語る。「本当に安心できるということは、ものすごく高いハードルだと思います。ずっと追いかけていかなければならないテーマなのではないかなって思いますね。」

確かに、ネオレスト&アプリコットは、これまで以上の"キレイ"を実現したといえる。しかし、それでもまだ不安を感じる人がいるならば、そうした声に応え続けていかなければならない。すべての方に心から安心して使ってもらえるようになるまでは、完璧なきれいトイレとは言えないということだろう。

だからこそ濱北は語る。「"キレイ"がトイレの一番大きな課題です。トイレのイメージを変えたいですね。部屋のひとつのように過ごしやすい空間としてイメージしてもらえるようになるまで、私は究極の"キレイ"を追いかけていきます。」

究極の"キレイ"を求める濱北の旅はこれからもまだまだ続いてゆく。

※所属部署・内容は取材当時のものです。

臭気強度の目安

【※1】

試験機関:(一財)北里環境科学センター
試験方法:電解水の除菌効力試験
除菌方法:電解した水道水と菌液を混合し除菌効果を確認 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)
効果効能:「きれい除菌水」は、汚れを抑制するもので清掃不要になるものではありません。使用・環境条件(水質や対象物の材質・形状など)によっては、効果が異なります。水道水を除菌したという意味ではありません。

【※2】

試験機関:(一財)日本食品分析センター(ノズル表面全体および通水路・便器ボウル面の便器洗浄部)、(一財)北里環境科学センター(においきれいカートリッジ)
試験方法:除菌効果試験
除菌方法:電解した水道水により洗浄(ノズル表面全体および通水路・便器ボウル面の便器洗浄部)、電解した水道水により洗浄した後5時間ファンを作動(においきれいカートリッジ)
対象部分:ノズル表面全体および通水路、便器ボウル面の便器洗浄部、においきれいカートリッジ
試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)

【※3】

2011年2月以降の発売商品。

TOTOの人気トイレ
~商品情報をご覧ください~

  • タンクレストイレ ネオレストNX タンクレストイレ ネオレストNX
  • タンクレストイレ ネオレストAH タンクレストイレ ネオレストAH
  • 温水洗浄便座 ウォシュレットRアプリコット 温水洗浄便座 ウォシュレットRアプリコット

※「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。

Share

CLOSE