特長

ハイドロテクトは、光触媒を利用し、光や水の力で地球も暮らしもきれいにするTOTOの環境浄化技術であり、技術ブランドです。
ハイドロテクトの膜を建材や建物などの材料表面に形成することで「空気浄化」「セルフクリーニング」「抗菌」など暮らしや環境に役立つ効果を発揮します。

インテリア

抗ウイルス・抗菌効果

ハイドロセラの表面に光が当たると「分解力」が発生、有害なウイルスや、におい・汚れの原因である菌を抑制します。また、光が当たらない場所でも、当社独自の抗ウイルス・抗菌金属が働き、ウイルスや菌を抑制します。

  • 本商品は、医薬品や医療機器などの医療を目的としたものではありません。また、本商品は表面に付着したウイルスを抑制するものであり、感染予防を保証するものではありません。

抗ウイルス・抗菌のメカニズム

光の当たる場所(窓からの光、蛍光灯など)


光触媒作用によりハイドロセラ表面に活性酸素が発生。抗ウイルス・抗菌金属とともに、有害なウイルスや、ニオイ・汚れなどの原因である菌を抑制します。

光の当たらない場所(暗時、LED照明など)


当社独自の抗ウイルス・抗菌金属が働き、ウイルスや菌を抑制します。

抗菌効果

ハイドロテクト加工なし 菌が繁殖し、においや汚れの原因に。

ハイドロテクト加工 抗菌効果で繁殖を防ぐ。

抗ウイルス効果・ウイルス感染価比較※(当社試験)

ウイルス感染価が、
明所では4時間で99.99%以上減少、
暗所では4時間で99%以上減少しました。※1

  • ※1 当データは下記(※2)での試験結果であり、実環境での感染予防を保証するものでは ありません。実際の効果は、使用条件や使用方法により異なります。
  • ※2 A型インフルエンザウイルス(A/H1N1)を使用。
    • 試験方法 JIS R 1702 を参考に実施
    • 昼間の窓際(紫外線強度0.25mW/cm2)での評価。
    • 試験機関:(財)北里環境科学センター
    • 報告書No.北環発23_0025号。
  • ※3 ウイルス感染価の指標。

抗菌効果・大腸菌残数の比較※(当社試験)

JIS基準値※3を大幅に上回る、高い抗菌効果を発揮。
24時間後には1,000万個近くまで増えてしまう菌※4が、明所、暗所
いずれも10個未満にまで減少しました。

  • ※1 JIS R 1702に準拠、昼間の窓際(紫外線強度0.25mW/cm2)での評価。
  • ※2 JIS Z 2801に準拠して評価。
  • ※3 無加工時の4時間後、24時間後それぞれの残菌数を1/100(99%)以下に減少させた値。
  • ※4 暗所で24時間後の菌数。
  • 当社試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

防汚効果

汚れの発生を防ぎます。

防汚のメカニズム

ハイドロテクト層の「親水性物質」により、空気中の水分で水膜を形成、汚れが浮きやすくなります。

  • 水膜は分子レベルのため目に見えず、触ってもぬれるようなことはありません。

防汚効果※(当社試験)

ハイドロテクト加工なし 尿石が蓄積し、黄ばみ汚れが発生。

ハイドロテクト加工 抗菌効果で黄ばみ汚れの発生・こびりつきを抑える。

試験方法
南側窓から1mの室内床(水平面)に試験体を設置し、2滴/日(5日/週)で尿を滴下。
45日後に流水+ナイロンタワシで軽く5回ふき取り、尿石状態を確認。

  • 当社試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

防臭効果

気になるニオイにも効果的です。

防臭性能比較試験※ アンモニア濃度(ppm)(当社試験)

試験方法
尿を滴下した試験体をそれぞれ別々の密閉容器内に設置し、 2日ごとにアンモニア濃度を測定。

  • 当社試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

エクステリア

セルフクリーニング(防汚)効果

ちり、ホコリ、排気ガス、工場の排煙など、住まいを取り巻く汚れの要因はさまざま。
光触媒作用により生み出される「分解力(太陽光〈紫外線〉が汚れを分解)」と「親水性(雨が汚れを洗い流す)」によるセルフクリーニング(防汚)効果で長期間キレイな外観を保ちます。

セルフクリーニング(防汚)のメカニズム

セルフクリーニング(防汚)効果※(当社試験)

キレイの差がハッキリでています。

試験条件
期間:塗装2年5ヶ月
場所:TOTO茅ヶ崎工場 物流棟外壁
実際の建物外壁に塗装

  • 当社試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

空気浄化効果

車の排気ガスなどから発生する窒素酸化物(NOx)は、大気汚染の大きな原因となります。
ECO-EXが持つ空気浄化効果は、太陽光(紫外線)で活性酸素を発生させ、汚染物質を酸化・除去。建物周辺の空気をキレイにします。

空気浄化のメカニズム

太陽の光がハイドロテクト塗装面に当たることで発生する「活性酸素」が、大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)を酸化、硝酸イオン(NO3-)に変化させ大気中から除去。空気をキレイにします。

  • 硝酸イオンは雨などにより流されます。

空気浄化の効果

例えば、戸建住宅1軒(約150㎡)の外壁にハイドロテクトカラーコートECO-EXを塗った場合、テニスコート約4面分の緑地と同じ空気浄化能力を発揮します。これは乗用車約12台分が排出する汚染物質(NOx)を除去できる能力と同じです。

  • JIS R 1701-1に準拠した試験値を当社にて緑地の吸収量に換算。

【出典及び算出根拠】

  • ※1 外装用ハイドロテクトカラーコートECO-EXを外壁表面154.9㎡※に塗布した場合(※日本建築学会 住宅用標準問題「戸建住宅モデル」より、一戸あたりの外壁表面積を算出)
  • ※2 (独)環境再生保全機構「大気浄化植樹マニュアル(改訂版)」より、緑地(芝など含む草地)のNO2吸収量を4.4mg/㎡ ・dayとして算出
  • ※3 硬式テニスコートサイズ 23.77m×10.97 m(約260㎡)で算出
  • ※4 車種:乗用車(ガソリン)、型式:DBAの排出計数(0.0125)で、自家用車の1日の平均走行距離29.0km走行した場合のNOx排出量362.2mg/dayとして算出
    国交省自動車局 自動車NOx・PM法に基づく「自動車使用管理計画」及び「定期報告」に関する作成プログラムについて 参考資料「排出計数」より、乗用車・車種・型式・排出係数を参照
    国交省自動車交通局「H16自動車の検査・点検整備に関する基礎調査検討結果報告書」自家用車の年間平均走行距離(10,575km)より、自家用車の1日の平均走行距離を算出

光触媒製品の性能表示について

光触媒工業会では、光触媒製品の普及と健全な光触媒市場形成に取り組んでいます。そのために、JIS試験法での評価に基づいた自主的な性能基準を制定して、製品認証制度を運用しています。

PIAJマークは、光触媒工業会が、性能、使用方法等が適切であることを認めた光触媒製品に与える認証マークです。