尿流量測定装置医療関係者向け情報

TOTO

お問い合わせ・カタログ請求
  • 尿流量測定装置について
  • 泌尿器科用(尿流率)
  • 入院病棟用(尿量)
  • 保守サービスについて
  • 学会展示・参考文献
  • よくあるご質問(Q&A)
  • 透明性ガイドライン
  • お問い合わせ・カタログ
第10回 環境デザイン賞最優秀賞 受賞 受賞内容詳細はこちら

泌尿器科用(尿流率)

いつものようにトイレで排尿するだけで「尿流測定(uroflowmetry)ができます

TOTOの尿流量測定装置 フロースカイは、いつものようにトイレで排尿するだけで「尿流測定(ウロフロメトリー検査)」ができる装置です。操作は簡単で「測定開始ボタン」と「測定終了ボタン」を押すだけです。
本装置による尿流測定の検査環境は、日常生活で使用されるトイレに近いため、自然な排尿状態での測定が期待できます。

1測定開始ボタン

2排尿(立位・座位どちらも可)

3測定終了ボタン

4洗浄ボタン

特徴

いつもの便器だからプレッシャーがなく自然にできた。 後始末しなくても良いので検査が増えてもOK 患者さんの自然な排尿状態が把握できるし連続測定もできる

従来の測定環境

尿流量測定装置

ウロフロメーターシェア

39.2%(※)のシェアを獲得。2007年の発売開始より多くの医療機関様にご採用いただき、「ウロフロメーター」として39.2%(※)のシェアを獲得しています。
※2013年度の台数別シェア 出典:矢野経済研究所「2014年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(診断機器編)」

ウロフロメーターシェア
2013年度メーカー出荷台数ベース

測定項目

尿量
1回あたりの排尿量
(測定範囲は〜800ml、測定精度はF.S±10%)
平均尿流率
尿量を尿流時間で除算したもの
最大尿流率
排尿中の最大測定尿流率
排尿時間
排尿開始から排尿終了までの時間
尿流時間
尿流があった(尿が出ている)時間
最大尿流率到達時間
排尿されてから最大尿流率となるまでの時間
ためらい時間
「測定中」とリモコン液晶画面に表示されてから、尿流を検知するまでの時間
着座検知時間
「測定中」とリモコン液晶画面に表示されてから、便座に着座するまでの時間。
(立位放尿した場合には0秒)
※着座検知時間は参考情報としてご利用ください。
尿流率・尿量測定 プリントレポートのフォーマット