尿流量測定装置医療関係者向け情報

TOTO

お問い合わせ・カタログ請求
  • 尿流量測定装置について
  • 泌尿器科用(尿流率)
  • 入院病棟用(尿量)
  • 保守サービスについて
  • 学会展示・参考文献
  • よくあるご質問(Q&A)
  • 透明性ガイドライン
  • お問い合わせ・カタログ
第10回 環境デザイン賞最優秀賞 受賞 受賞内容詳細はこちら

入院病棟用(尿量)

入院病棟での排尿管理が変わります

TOTOの尿流量測定装置 フロースカイはいつものようにトイレで排尿するだけで、「24時間尿量管理」ができる装置です。
フロースカイは簡単操作で尿量を測定でき、測定後は尿をそのまま流せます。このため、本装置を使用した入院病棟での排尿管理では、尿を扱う作業がほとんどなく、衛生的な院内環境の維持を期待できます。

1測定開始ボタン(患者さんによって押すボタンは異なります)

2排尿(立位・座位どちらも可)

3測定終了ボタン

4洗浄ボタン

特徴

患者さん いつものように排尿すればいいので身体への負担が小さい 尿を扱う作業がほとんどなく、衛生的な院内環境を維持できる。 患者さんの排尿回数や排尿日時を自動計測・記録できる。
従来の測定環境
尿流量測定装置

バーコードリーダでフロースカイがより便利に(オプション)

  • 1.患者取り違えリスクを軽減できます
  • 2.より衛生的にご使用いただけます
  • 3.入退院時の患者登録が不要になります

フロースカイはバーコードリーダによる測定開始/終了操作に対応しています。患者さんがご自身のバーコードをかざすだけで患者認証と測定開始が同時に行われますので、操作ミスによる取り違いを防止できます。
また患者さんと装置との接触を極力減らすことができますので、より衛生的に尿量測定が可能です。入退院時の患者登録も不要になりますので看護婦の負荷軽減にも効果的です。

1次元・2次元バーコードに対応

本装置は1次元・2次元バーコードを読取り可能です。
CODE128、CODE39、JAN13、NW7、QRコードなど医療機関で使用される主要な形式に対応しております。

サンプルバーコード

測定項目

部屋名
患者さんの部屋名を表示します。
氏名
患者さんの氏名を表示します。
(バーコードによる氏名読み込みは2次元バーコードのみ対応)
総尿量(ml)
24時間の総排尿量を表示します。
(集計時刻は変更可能)
回数
24時間の総排尿回数を表示します。
(集計時刻は変更可能)
集計1〜3
集計時刻を区切った範囲の排尿量を表示します。
(3つまで設定可能)
患者ID
患者さんのIDを表示します。
トイレ名
測定したトイレ名称を表示します。
詳細結果
患者さん毎の排尿時刻と尿量を確認することができます。
専用ソフト「尿流量管理くん」上で表示できる項目です。 電子カルテ上での表示項目は別途お打ち合わせが必要です。
尿流量測定装置写真 尿量集計画面