子どもたちの声:小便器

たとえ汚れていても、子どもたちは手近なものをつかむ。

なにかつかまるものが必要では?

体を反らしたり、無理な姿勢で用を足す子が多い。

もっとアプローチしやすいカタチはないのか。

何かつかまるものが必要では?

子どもが握りやすいφ27mm。
にぎりやすい太さのキッズグリップ。
体を反らしたり、小便器にしがみついたりしない、自然に使える気配りのカタチ。

もっとアプローチしやすいカタチはないのか

やさしいカタチでアプローチ性向上。
壁掛け式だから、便器の下に足が入りアプローチしやすい。
体の大きさに応じて設置高さは自由自在。

リップ先端の開口角度を小さくすることでアプローチ性向上

リップ先端の開口角度を小さくすることにより、より小便器に近づきやすくなりました。
尿をこぼしたり、床を汚すことが少なくなります。

使いやすいリップ高さ

幼児が使いやすいリップの高さ

幼児の股下寸法

  • 身体寸法データ出典:製品安全協会(1973年)。一部TOTO調べ。

子どもたちの声一覧