トイレ空間プラン 中学・高校

プライバシーを大切にしたトイレ

大人へ近づき、異性・同性に対する意識が高まる多感な思春期に配慮した、"プライバシーを大切にしたトイレ"がテーマです。

1.男子トイレ 洗面器・小便器コーナー

小便器の間にパーティションを設置することで、落ち着いて用を足せます。小便器の足元と前面板には、光触媒抗菌効果のあるハイドロセラを設置し、においや汚れの付着を抑制します。

2.エントランス

男女トイレの中が見えないように配慮しながらも、ガラスブロックなどでトイレの明るさを演出します。

3.女子トイレ 身だしなみコーナー・荷物棚・洗面器コーナー

男女ともに身だしなみコーナーを設けています。また教科教室への移動を考慮して、男女各トイレの入り口付近に荷物棚を設置しました。

4.女子トイレ バリアフリーブース

※ 図面と向きが異なります。

省スペース型のバリアフリーブースを男・女それぞれのトイレ空間に設けることで、異性に気兼ねすることなく利用できます。

5.掃除用流しブース

生徒自身が掃除する場合、掃除用流しブースに棚やモップ掛けも設置すると、備品や掃除用品をきれいに整理できます。

用務主事さんの声:清掃用具入れの悩みはさまざま。整理棚を設置して管理しやすい環境づくりを。

Q. あなたの学校の清掃用具入れ(清掃用具入れおよび清掃用具全般)で困っていることは何ですか?

n=54('12 学校のトイレ研究会調査) 小中学校用務主事様54名を対象にした学校トイレに関するアンケート結果より/関東地区

トイレ空間プランのご提案