学校トイレに求められていること:エコロジー

エコロジー

節水で環境に配慮。エコスクールづくりに貢献します。

地球温暖化をはじめとする世界共通のさまざまな環境問題を抱える今、学校施設においてもこれまで以上にエコロジーに配慮した施設づくりが求められています。
そうした中、トイレの「節水対策」は環境貢献はもちろん経費削減にもつながります。

エコスクールの動き

すべての学校でエコスクールづくりを。

公共施設の約4割を占める学校施設について、国では、良好な学習環境を確保し、エネルギー使用量や二酸化炭素排出量の削減を図るエコスクールの普及・啓発を推進しています。エコスクールは、環境負荷を低減させるだけではなく、子どもたちの環境教育の題材としても活用可能。地域の環境教育の発信拠点として、取り組みの輪を広げていくことが大切です。

エコ化の展開方法は。

トイレのエコ化は、節水形の衛生設備(大便器、小便器、水栓金具)を導入することで実現できます。耐震化や老朽化対策と同時にトイレをエコ化する場合もあるでしょう。

進化する節水技術

1970年代に比べ6割以上の節水を実現。

学校施設が多く建設された1970年代のトイレ設備に比べ、節水技術は格段に進化しています。

節水量とその進化

  • パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式、パブリックコンパクト便器・タンク式、パブリックコンパクト便器・フラッシュバルブ式(オートクリーンCとの組み合わせ)の場合

そこでTOTOは

メンテナンスコストや長寿命化も見据えたトイレのエコ化をおすすめします。

TOTOのおすすめ器具で節水効果をシミュレーション。

中学校を想定し、学校トイレを節水化した場合の節水量と水道料金をシミュレーションしてみました。
トイレ改修に当たっては、このようにランニングコストも試算し、さらには長期的にメンテナンスしやすい器具をご採用ください。

シュミレーション条件

現在設置の器具

4L/回

11L/回

1.9L/回

年間使用水道料金
(0.7円/L :(一社)日本バルブ工業会より)
年間使用水量

おすすめ最新節水器具

1.2L/回 自動洗浄小便器
超節水タイプ

大4.8L、小3.6L/回 パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式

0.47L/回 自動水栓

女子1回使用当たりの
洗浄回数 2.3回→1.5回
音姫(トイレ用擬音装置)

年間使用水道料金
(0.7円/L :(一社)日本バルブ工業会より)
年間使用水量

年間約76%の大幅な節水。水道料金を0.7円/L((一社)日本バルブ工業会より)とした場合、年間約145万円の節約となります。
また、この節水効果をCO2に換算すると1224kg/年の削減になります。

水のCO2換算係数0.59[kg-CO2/m³](「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より)

  • 試算に「ウォシュレット」の洗浄水量は含まれておりません。
  • 消費税率8%で試算しています。

エコ化による3つの効果

節水

プール約6.9杯分の節水[約2075245L/年]

  • 25m×12m×水深1mのプール
CO2削減

常緑樹約87本が1年で削減するCO2に相当[1224kg/年]

  • 常緑樹(杉)1本は約14kgのCO2を処理「農林水産省(公式WEBサイト)より」
節約

年間節水金額約145万円

  • 水道料金 0.7円/L((一社)日本バルブ工業会より)

インターネットで学校ごとの個別試算が簡単にできます。
お気軽にご利用ください。

学校トイレに求められていること一覧