オストメイト配慮のご提案

オストメイトの方は人に言えない不安や悩みを抱えています。

オストメイトとは

オストメイトの方が困っていること

  • ストーマ装具を交換するときに、作業スペースやストーマ装具などを手近に置く場所がない。
    また、手洗器、清拭に必要な温水設備もない。
  • トラブル発生時に、ストーマ周囲の皮膚や身体の汚れた部分の温水洗浄ができない。
    また、汚れたストーマ装具や下着を洗う設備もない。衣服や手荷物を置く場所もほしい。
  • ストーマ装具を適切な位置に貼り付けるために、下腹部を映す鏡がほしい。
  • 排せつ物を立ったままで、ストーマ装具から排出する場合には、通常の便器の高さでは低すぎる。
  • 身体障がい者用トイレなどの入口に、オストメイトマークなどを表示して使用できるようにする。
  • 身体障がい者用トイレなどへは入りづらい。一般便房の中に、オストメイト対応設備を兼ね備えた便房を整備できないか。

ストーマ装具(補装具の一種)について

ストーマには括約筋がないので、排せつ物を一時的に受けて便器へ排出するためのストーマ装具が必要となり、オストメイトはこれをストーマ部位に装着しています。ストーマ装具は、ストーマ周囲の皮膚へ密着させる皮膚保護剤の部分とこれに接合のパウチ(ストーマ袋)で一式となっています。

排せつ処理方法

使用例:ストーマ装具(パウチ)を捨てる前にすすぐ

通常の場合

ストーマ装具にたまった排せつ物をパウチから便器や汚物流しへ排せつし、一定サイクルで行うストーマ装具交換時には、ストーマ周囲の皮膚を石けんと温水で洗浄します。

緊急の場合

水様性の便や軟便、下痢便がストーマ装具から漏れ出すなどトラブル発生時には、ストーマ装具一式を取り外し、皮膚に付着した排泄物を石けんと温水で洗浄したあと、新しいストーマ装具を装着します。

ストーマ装具交換時のご要望

その人の排せつ物の状態・種類によって、ご要望は異なります。

  コロストミー
(軟便~固形の便)
イレオストミー
(主に水様の便)
ウロストミー(尿)
通常時 使用済みのストーマ装具内の便をしっかり洗浄したい 使用済みのストーマ装具内の便を洗浄するほかに腹部も洗浄したい 使用済みのストーマ装具についた尿を洗浄したい
新しいストーマ装具と交換するために、装具をはずした後の皮膚に付着している粘着剤などをきれいに落としたい
トラブル時 腹部や汚れたストーマ装具、衣服を洗浄したい

オストメイト配慮のポイント

オストメイトの方がストーマ装具の洗浄や汚れ物を洗える設備として「汚物流し」や、汚れた腹部を洗えるお湯の出る「シャワー付水栓金具」を設けることをおすすめします。

おすすめ商品

RESTROOM ITEM 01 オストメイト対応マルチパック

オストメイトの方の使いやすさにこだわった汚物流し。8L節水のフチなしトルネードを採用した一体形デザインです。鏡が正面にあるので、腹部の確認がしやすくなりました。またライニングは荷物を置くのに最適な高さです。

オストメイト対応トイレパック

設置間口のコンパクト化を実現。簡単施工の丸ごとパックなので、限られたスペースのトイレに最適です。

パウチ・しびん洗浄水栓付背もたれ

スペースや改修工事などの状況により、「汚物流し」が設置できない場合は、パウチ・しびん洗浄水栓を設けることをご提案致します。

トイレ商品一覧