外国人が宿泊施設に求めるのは「接客」と「トイレ」

世界の30の国と地域、154人の訪日外国人アンケート調査の結果、旅行する前に宿泊施設に期待していたものの第1位は接客、第2位が僅差でトイレでした。
客室を大きく上回り、さらに食事も超えて、トイレや入浴といった水まわりが外国人にとっていかに重要かということがわかりました。

旅行する前に宿泊施設に期待していたものは?(複数回答 n=154)

外国人が日本の旅館やホテルに宿泊するときに期待することの1位は、おもてなしの基本である「接客」です。
そして、肩を並べるように「トイレ」「入浴」と続きます。
食事や客室を超え、水まわりに大きな期待を寄せていることがわかります。

  • トイレをきれいに変えるだけで、外国人旅行者の満足度アップ!

宿泊施設で重視する設備は?(複数回答 n=154)

1位の「Wi-fi」に続き、2位「浴室」・3位「トイレ」が肩を並べています。
毎日使い、肌を接する「水まわり」を事前に整備することが重要ということがわかります。

  • 毎日使う水まわりの設備を重視!

訪日外国人の宿泊施設へのニーズ調査

調査方法:街頭調査
調査時期:2015年10月
調査エリア:東京(浅草・築地)・京都
対象者条件
[旅行目的]観光レジャー・記念日・ハネムーン
[宿泊先]3ヶ月以内に旅館または観光ホテル宿泊経験者
調査人数:154名
出身国:30の国と地域(アメリカ・カナダ・フランス・中国・香港・タイ・台湾・オーストラリア・イギリスなど)

すてきなトイレづくりは日本観光最大の武器

  • 全日本空輸株式会社(ANA)による外国人アンケート調査「IS JAPAN COOL?」では、クールジャパンを感じる事象の第1位が「おもてなし Japanese hospitality」、第2位が「ハイテクトイレ High-tech toilet」、第3位が「温泉 Hot spring spa」、第4位が「富士山 Mt.Fuji」と続きました。
    1位の「おもてなし」と2位の「トイレ」は、国内地域問わず提供できる、日本の誇るべき要素です。しかも驚くべきことに、上記街頭アンケート調査とこの「IS JAPAN COOL?」は同様の結果です。
    外国人に感動を与える素敵なトイレはどんなトイレでしょうか?

    「IS JAPAN COOL?」とは日本独特の古来の文化と新しい文化、日本の魅力あふれる土地などを紹介し、お客様より投票いただいた結果をランキングする参加型ウェブサイト。閲覧数250万人以上で、世界152の国と地域から見られている。
  • 1位 おもてなし、2位 トイレ、3位 温泉、4位 富士山 「クールジャパンランキング(DISCOVER篇)」ランキングより

情報誌「おもてなしトイレ通信」のお取り寄せ

おもてなしトイレ通信

おもてなしトイレづくりのトップランナーのインタビュー・事例を掲載した情報誌は、COM-ET(コメット)から無料でお取り寄せいただけます。

  • Vol.1 飲食店特集
  • Vol.2 おもてなしトイレ特集
  • 特別号 おもてなしトイレ特集(取り組み事例紹介)
  • Vol.3 宿泊施設特集

宿泊施設特集